太陽の王国・浦添へようこそ

   

 浦添は、古くは「うらおそい」と呼ばれていました。これは、「浦々を襲う」からきた支配の中心地という意味です。琉球王国は、中世に浦添で生まれ、その後王宮は首里に移りました。琉球王国を生み出した土地・浦添の歴史を、ひもといてみましょう。

  
琉球交易港図
   

『琉球交易港図』 (浦添市美術館所蔵)

琉球王国は、500年にわたり海外交易で栄えました。

  

(写真をクリックして次の画面へ)