2015年 農林業センサスを実施します。

公開日 2014年10月31日

最終更新日 2014年10月30日


2015年農林業センサス
未来の農林業を育てる統計調査です。
タネは、あなたの答えで育ちます!
平成27年2月1日実施
 

つっちー:農林業センサスキャラクタ
 
1.農林業経営調査
 農家や林家、会社など、農林業を営んでいる様々な経営体の実態を正しく把握することで、全国の農林業経営体が対象となります。
 ※農林業経営体:一定規模以上の農林産物の生産を行うか、又は委託を受けて農林業作業を行う事業者をいいます。
  ■調査内容   経営の状態、世帯の状況、労働力、作業の受委託、耕地、農業生産の概況、農産物の販売、経営の多角化、山林・林業作業、素材生産など。
  ■調査方法   調査員による調査票の配布と回収を行います。
 ※希望がある場合は調査員が調査票の記入をお手伝いします。
 
2.農山村地域調査(農業集落調査)
 経営体の生産基盤や生活基盤である農山村地域の現状を把握するための調査で、全国の農業集落が対象です。調査は、集落に精通されている代表者の方などにお願いします。
  ■調査内容    立地条件、総戸数、総土地面積、寄り合いの開催状況、地域資源の保全、地域活性化状況。
  ■調査方法   調査員による調査票の配布と回収を行います。
 
3.農業センサスの基本的役割と重要性
 農業センサスの結果は、農林水産省が講じる各種施策の企画・設計・評価に使用されるだけでなく、沖縄県や浦添市における農林行政に直結する各種の交付金の算定(例えば、地方交付税交付金の農業行政経費や、農業普及事業等に係る交付金等)にも活用されています
 特に、2015年農林業センサスでは、地方公共団体からの要望に基づき、激甚災害の指定の必要性を検討する際に必要なデータの精度向上等の観点から「野菜類」「果樹類」について個別品目別に作付け(栽培)のべ面積を把握する形に変更しており、小地域統計としての活用面でも充実が図られており、その役割はますます重要なものとなっています。

 

関連ワード

お問い合わせ

企画部 企画課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):企画係(2511〜2514、2521)、統計係(2515、2516)

記事へのアンケート