浦添南第二土地区画整理事業

公開日 2016年02月12日

最終更新日 2020年05月07日

本地区は浦添市南部に位置し、地区西側に国道330号、東側に県道153号線が隣接しており、地区北側は小湾川に接した面積約60.4haの地区です。浦添南第二地区航空写真

当地区は、地区東・南・西側が高台のすりばち状になっており、地区内の最大標高差が70m以上ある起伏の激しい地形であり、
浦添市の緑の骨格となる良好な居住環境を確保し、今後の住宅地需要に対応した計画的な住宅市街地の形成を図ることを目的としています。
 

事業概要
浦添南第二土地区画整理事業
施行者 浦添市
施行年度

 平成8年度~令和7年度

※事業認可期間であり、実際の整備期間とは異なる

施行面積  60.4ha
総事業費  297億円
事業認可(公告日) 平成9年1月10日
平均減歩率 38.13%

・鳥かん図(現況)
南第二地区鳥かん図(現況)


・鳥かん図(計画)
南第二地区鳥かん図(計画)

・高度利用区について

1.高度利用地区の目的
 減歩により敷地が狭くなり、単独の土地では住宅を建てられない、或いは自由な設計ができないといった事情により、複数人共同で換地を一箇所に集約して、その上に建物(店舗、マンション等)を建築するような場合を想定しています。斜面地(高減歩)の過小宅地対策、共同利用による土地の有効活用を図ることが目的です。
2.高度利用区に関する経緯
 高度利用区等の導入方針のブロック説明会H15.5.10~6.1 計13回
 <見直し案の概要、区画整理事業のしくみ、住宅先行区、高度利用区等の導入方針の説明等>
 高度利用地区への参加希望に関する申し出換地の受付 H15.9.29~10.24
 高度利用区に関する利活用計画の再説明による移行確認説明会 H17.5.26~27
 仮換地案の個別説明会H19.11.19~12.17
3.高度利用区の具体的な利活用方法として
 等価交換による共同建物を建築する。地権者の方々が共同して建物を建て、それぞれの地権者が従前に所有していた権利に見合った持分を、従後の共同建物においても設定する方法。地権者本人が居住利用する。(例-マンション)
 共同出資による共同ビル。それぞれの地権者が出資して、共同ビルを建設してこれを運営する。共同ビルは第三者に賃貸し、その家賃を得る。
 第3者が建設する。地権者の方々が共同して土地を第三者に貸し、第三者が建築物を建設してこれを運営する。地権者の方々は、地代を得る。
等が考えられます。
 また、この規模としては那覇新都心地区の共同利用街区内の施設より比較的小規模なものを想定しており、駐車場の広さでいえば、100~200台程度の規模を有する施設で、住宅地として適当な施設規模を想定しています。
4.経済社会情勢の変化と都市を取り巻く課題
◆少子高齢化社会の到来
◆環境負荷の高まり
◆中心市街地の一層の衰退
◆都市財政の圧迫
◆モータリゼーション・スパイラル
以上の課題により求められる街づくりは、集約型都市構造の実現 ~歩いて暮らせる環境~と考えられます。
高度利用区イメージイラスト

・その他
 


●浦添南第二地区 事業パンフレット(平成19年11月発行)PDF ファイル:3.0MB
●浦添南第二地区 区画整理だより  第3号(平成29年11月作成)PDFファイル:1.0MB

お問い合わせ

都市建設部 区画整理課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁6階)
TEL:098-876-1242(管理係、換地清算係、工事第1~2係、補償係、土地区画整理組合指導室)
FAX:098-879-4541(区画整理課直通)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート