下水道の目的と役割

公開日 2009年02月27日

最終更新日 2009年02月27日

下水道の目的と役割

 公共下水道とは、みなさまの家庭から流れでるさまざまな汚水(水洗トイレ・台所・浴室・洗濯水 etc…)を終末処理場まで送って処理し、きれいな水にしてから海や川に流す施設です。

 

 下水道接続の義務

 

 

 みなさまの所有する建築物が公共下水道処理区域内にある場所、下水道法により、下水道供用開始日から3年以内に、くみ取り便所及び浄化槽は下水道に接続することが義務づけられています。
 

 

 下水道に接続すると!

 

 海や川がきれいになります

 家庭・工場から流れでる汚水が、そのまま海や川に流れ込むことがなくなり、きれいな海や川を守ります。 

 清潔できれいな街になります。

 下水道が整備させると汚水たれ流しや側溝放流がなくなり、ひどい悪臭はもちろん、蝿・蚊・ゴキブリなどの不快害虫の発生を防ぎ快適な生活が送れます。

  水洗トイレが使えます。

 悪臭の原因であるくみ取り便所から衛生的な水洗トイレに切り替えられ、さわやかな暮らしができます。また、浄化槽の清掃などのめんどうな維持管理をしなくてすみます。

 

【お問合わせ】
下水道課 876-1234(内線4661・4662・4663)

 

お問い合わせ

都市建設部 下水道課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁5階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 下水道公営企業化準備室(4661) 業務係(4661) 維持管理係(4662、4663) 計画工事係(4664、4665)
FAX:098-876-9467

記事へのアンケート