察度「まちづくりスポンサー(協賛事業所)」募集中です

公開日 2009年02月28日

最終更新日 2009年02月28日

 浦添市地域通貨「察度」を受入れ、察度によるサービス提供を行う協賛事業所、それが「まちづくりスポンサー」です。
 察度を入手した市民等の察度参加者は、市の実施するまちづくり事業や、各種ボランティア活動、地域活動に参加・協力をされた方々です。
 これまでは市民の力を無償で利用するケースがほとんどでしたが、これからは新しいまちづくりの方法として、より積極的な市民参加を促すために、地域通貨「察度」を付与してまいります。
 地域通貨「察度」のまちづくりスポンサーとは、市民のまちづくり活動を支え、地域通貨によるサービス提供という形で社会貢献をする登録事業所なのです。
  
 浦添市では、「まちづくりスポンサー」として登録をして頂く事業所に対し、市の提供する地域通貨サービスとして、後方支援活動を行うとともに、地域通貨参加者に対し、まちづくりスポンサー店舗等でのサービス利用を積極的に推進します。

人々(イラスト)


●メリット1:顧客開拓・誘客効果のクーポン券

 地域通貨「察度」は、様々な事業・活動に参加・協力をした市民等に付与します。
 その際、察度によって利用可能なサービスを提供する事業所として、まちづくりスポンサーについてご案内します。
 ICカード等に察度ポイントを蓄える場合を除き、地域通貨利用券として察度をもらった方にとって、利用券は文字通り各まちづくりスポンサーで利用可能なクーポン券として受け止められます。
 独自でクーポン券を発行したり、あるいは他の方法でクーポン券を発行されている場合を除けば、比較的まちづくりや地域活性化に意識の高い市民等を対象に配布されることで、一定の効果が十分期待できます。


 サービス提供を実施することで、まちづくりを支えるスポンサーとして市民から認知され、親しまれ、愛されること。
 スポンサー個々に対する目は、きっと「まちづくりスポンサー」の見方を変えていただけるものと思います。


●メリット2:広報活動の支援を提供

 浦添市では、地域通貨「察度」を推進するため、専用のホームページを設置しました。
 このホームページを使い、察度に関する情報を随時お知してまいります。
 これにより、広報関連のコストやインフラを市役所が負担することで、浦添市も事業の展開と同時に地域経済の活性化に寄与してまいりたいと考えています。
 
人々

 


●メリット3:利用方法は自由に決められます

 地域通貨「察度」の価値の目安は、1ポイント=1円相当です。
 ただし、これをそのまま金券として扱うと、単に各利用ポイント相当の負担を各まちづくりスポンサーにお願いするだけになります。
 そのため、察度の利用方法は、各まちづくりスポンサーが提供するサービスの全部、もしくは一部としての利用を想定しており、その決定権は各スポンサーの自由裁量とします。
 例えば、こういう設定が可能となります。

 ①1,000円以上のお買い物をした際に、100ポイントの利用が可能
 ②食事をされた方の飲み物代金は、100ポイントで利用が可能
 ③2,000円以上の買い上げで1割相当分のポイント利用が可能

 このように、各スポンサーが察度を受け入れやすいよう自由に設定ができるため、事業所に著しい負担を強いることはございません。

 


●サービス提供の方法

 地域通貨「察度」による各まちづくりスポンサーのサービス提供方法は、次のようなイメージです。



①地域通貨参加者が、地域通貨対象事業に参加・協力などの活動を行います。

②対象事業の実施者は、参加者に対し、お礼として察度ポイントを差し上げます。このとき、参加者が察度ポイントをもらう方法は2通りあります。

③一つは、直接、地域通貨利用券で察度をもらうものです。
④地域通貨利用券は、まちづくりスポンサーで利用するためには、あらかじめ有効期限が定められておりますので、所定の期間内に各まちづくりスポンサーにて利用して下さい。(*1)
 個人間やまちづくりスポンサー以外で交換する場合は、特に期限はございませんが、1年度毎に発行済利用券の効果が消失する(減価)が実施されることもございますので、できる限り有効期限内でのご利用をお勧めします。

⑤各まちづくりスポンサーは、それぞれが指定した条件で察度を利用した方に対し、サービスの提供を行います。

⑥特に地域通貨「察度」を利用する目的がなく、自らの活動の成果とするなど、ポイントを蓄えることが目的の方は、直接ICカードへポイントを記録するか、あるいはもらった地域通貨利用券をICカード内に登録することをお勧めします。(*1)

⑦察度のポイントを各まちづくりスポンサーで利用したい場合は、浦添市企画課、もしくは事業実施現場に用意された専用端末を使って、ICカード内に貯めたポイントを地域通貨利用券に交換して下さい。

⑧交換した利用券は④と同様に個人間での交換やまちづくりスポンサーのサービスに利用することができます。

⑨各まちづくりスポンサーが受入れた地域通貨利用券は、有効期限内は再利用が可能です。
 各スポンサーも地域通貨の輪の参加者ですから、他のスポンサーが提供するサービスにご利用頂くことができます。

<注意>
1)地域通貨利用券の有効期限は3ヶ月で(原則)、できるだけ早く地域通貨を使用してもらい、地域経済活性化の役に立てるためです。
2)ICカード内に貯められるポイントの上限は2000ポイントです。 

申請書はこちら

 



 

お問い合わせ

企画部 企画課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):企画係(2511〜2514、2521)、統計係(2515、2516)

記事へのアンケート