交通事故などにあった場合(第三者行為)

公開日 2010年11月01日

最終更新日 2019年04月04日

 国民健康保険に加入している方が、交通事故など第三者から傷害を受けてお医者さんにかかる場合でも、保険証を使って医療を受けることができます。
 ただし、第三者からの傷害を受けた場合、その医療費は被害者に過失がない限り、加害者が負担するのが原則です。そのため保険証を使ったとしても、加害者が負担すべき医療費は、国保で一時立て替えて支払うだけで、被害者にかわって国保が加害者にその医療費を請求することになります。
 なお、申請時に事故証明書が必要となりますので、必ず警察に届け出てください。
※ 加害者からすでに治療費を受けとっている方は、国保での診療は受けられません。また、第三者から傷害を受けて国保で診療されている方は、加害者と示談を結ぶ前に必ず国民健康保険課給付係へ相談してください。

申請に必要なもの

  1. 保険証
  2. 世帯主の印かん
  3. 身分確認ができるもの
  4. 第三者行為による傷病届 傷病届【様式第6号】[XLS:70KB] 
  5. 交通事故証明書

お問い合わせ

福祉健康部 国民健康保険課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 国保税第1・2係(3724) 給付係(3713、3714、3715、3726)長寿いきいき係(3712、3727) 庶務係(3711)
FAX:098-874-5030

記事へのアンケート