那覇港浦添ふ頭地区公有水面埋立工事が完成

公開日 2011年02月01日

最終更新日 2011年02月01日

那覇港浦添ふ頭地区公有水面埋立工事が完成。
浦添市の西海岸に新しい土地が誕生しました。





平成21年3月から1年8カ月の歳月をかけ、浦添市西海岸開発事業第1ステージ「那覇港浦添ふ頭地区公有水面埋立事業」が去る12月6日に竣功し、新しい土地が生まれました。18.3ヘクタール(約5万6千坪)が浦添市の市域に組み込まれる事になりました。
新たに誕生した土地の名前は「西洲(イリジマ)三丁目」です。


西洲地区の地図(クリックで拡大)

 今回埋め立ての完了した「西洲三丁目」には、臨港道路浦添線・港湾緑地及び商業施設・業務施設・観光関連施設等が整備されます。

 平成23年度からは施設整備が本格的に始まります。今後は臨港道路の整備により港湾機能の向上、空港へのアクセスの向上及び国道58号等主要幹線の道路の渋滞緩和が図られます。また都市機能用地の整備により、将来の牧港補給地区跡地利用計画と一体となって本市の産業・経済活動の振興を図るとともに、景観に配慮した賑わいのある新しい街が誕生します。






 




 

お問い合わせ

企画部 西海岸開発局 西海岸開発課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 2711・2713

記事へのアンケート