沖縄重箱の栄養成分

公開日 2014年12月08日

最終更新日 2015年06月03日

 

旧暦3月に行われる墓前まつりの「清明祭(シーミー)」や法事にお供え物として用いられるのが沖縄重箱。
一般的には、沖縄の重箱は1段目にモチ、2段目に料理が詰められます。
 

料理は、魚天ぷら・昆布煮付・田芋から揚げ・赤カマボコ・揚げ豆腐・カステラカマボコ

ごぼう煮付・こんにゃく煮付・三枚肉煮付等の9品です。

モチは3列に5個ずつずらし、重ねて詰めます。

沖縄の伝統料理でもある沖縄重箱。上手に付き合っていきましょう。

 

沖縄重箱の中身を見てみましょう ← こちらをクリック

     重箱   重箱コード                           

                                 

浦添市では、栄養相談を無料で行っています。(予約制)

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

関連ワード

お問い合わせ

福祉健康部 健康づくり課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(直通)
FAX:098-875-1579

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート