第12代国際交流員紹介

公開日 2013年03月22日

最終更新日 2013年03月22日

第12代国際交流員 クック・マリコ・ミシェル(Cook Mariko Michelle)

平成24年8月に退職した第11代目スコット・ウィルソンさんの後を継ぎ、平成24年8月に新国際交流員のクック・マリコさんが赴任しました。

広報うらそえのコラム「マーリーの物がたりー」で、ご存知の方も多いかと思います。
改めて皆さんにマリコさんを紹介します。

Cook Mariko Michelle
生年月日:
1990年8月 (22歳)
出身地:
アメリカ合衆国インディアナ州
国際経験:
子どもの頃、アメリカやスペイン、ドイツ、そして日本に住んでいました。
19歳のとき、琉球大学に1年間留学しました。

(ハロウィンパーティーで子どもたちにアメリカの文化を教えるマリコさん)

~国際交流員(CIR)になりたいと思ったきっかけ~

私の母は沖縄出身、父はアメリカ出身です。子どもの頃、私が育てられた環境は他の子どもたちと比べて大分違っていました。父が軍人だったため、高校生になるまでいろいろな国を転々と引っ越してきたのです。そのような中で、私は国際交流に興味を持ち、アメリカと日本、両国の架け橋になりたいと思うようになりました。19歳のとき、琉球大学に留学したことで、沖縄の歴史や文化に対する興味がより一層強くなり、改めて「国際交流」に関する仕事に携わりたいと思うようになりました。自分自身の視野をもっと広げるため、そして沖縄とアメリカの架け橋になるために国際交流員になろうと思いました。

~市民の皆さんへ~

ハジミティヤータイ!ちゃーがんじゅーね~?私は、沖縄にルーツがあるからではなく、沖縄を本当に最高な場所だと思っています。これから浦添市の皆さんと交 流するのをとても楽しみにしています。私は、ウチナーグチに興味がありますし、三線の音も大好きです。出身地のインディアナ州は内陸にあって、海も山もありません。沖縄とは全く違います!

インディアナ州の話やアメリカについての質問があれば、遠慮せずに聞いてください。皆さんにも是非、浦添市の歴史や文化などについて色々と教えてもらいたいです。それでは、ゆたしくうにげーさびら!

(児童センターを訪問するマリコさん)

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1258(広報広聴係、国際交流係)

記事へのアンケート