平成27年度から国民健康保険税の税率が変わります

公開日 2015年05月12日

最終更新日 2015年05月12日

 平成26年度の広報うらそえ12月号や平成26年11月19日(水)に開催しました「国民健康保険についてみんなで考えよう」でもお知らせしたように、浦添市の国民健康保険財政は危機的状況にあります。この状況を打開するべく、浦添市としては次の事に取り組んでいます。

医療費の適正化

保険者相違など資格点検や診療内容に係る点検に努めた結果、被保険者一人当たりの点検効果額は県内平均、全国平均よりも高くなっています。このことにより年間で約1億4,000万円の財政効果がありました。

被保険者1人当たりのレセプト点検効果額(単位:円)
  平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度
浦添市 2,139 3,208 3,880 3,865
県内平均 2,166 2,507 2,791 3,070
全国平均 1,981 1,928 1,958 1,991

医療費通知等の充実

 浦添市では年6回の医療費通知を実施しています。より詳細な医療情報が提供できるよう努め、国保加入者の方々に健康への認識を深めてもらえるようにしています。また、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の普及促進にも努め、年間約1億3,000万円の財政効果がありました。

特定健診や健康づくり

 特定健診や特定保健指導の周知・広報を充実させ、未受診者の方に対する通知や戸別訪問等による受診勧奨・保健指導を行っています。

国民健康保険税の確保

口座振替の推進やコンビニ収納等の利用推進を図るなど、国民健康保険税を納付する際の利便性向上に努めています。また、効率的な収納体制の強化を図り、国民健康保険税の確保にも力を入れています。

国民健康保険税収納率の推移(現年分)
  平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度
浦添市 94.11% 94.33% 94.08% 94,00%
県内平均 90.54% 91.19% 91.67% 92.02%
全国平均 88.01% 88.60% 89.39% 89.86%

 このような取り組みを行っていますが、依然として厳しい状況が続いており、赤字分は一般会計からの繰り入れも行わざるを得ない状況です。
 このため、平成27年度から国民健康保険税率と賦課限度額を変更し、財政健全化を図ります。
 今回の税率改正で、財政効果として2億6千万円程度の収入の増加を見込んでいます。

税率の改正内容

 今回の税率改正では、医療分に変更はありません。支援分の所得割が2.1%から2.4%へ、支援分の均等割が5,000円から7,500円、支援分の平等割が4,000円から6,000円に変更になります。また、介護分の所得割が1.9%から2.4%へ、介護分の均等割が7,500円から9,500円へ、介護分の平等割が4,000円から6,000円へ変更になります。
 賦課限度額の上限金額も現在の政令(国が定める地方税法施行令)で定められている額まで引き上げます。
 医療分が51万円から52万円、支援分が16万円から17万円へ、介護分が14万円から16万円へ変更となります。詳細は次の表をご確認ください。

平成27年度国民健康保険税の改正後税率
  医療分 支援分 介護分
  改正前 改正後 改正前 改正後 改正前 改正後
所得割 8.2% 変更無し 2.1% 2.4% 1.9% 2.4%
均等割 19,000円 変更無し 5,000円 7,500円 7,500円 9,500円
平等割 17,000円 変更無し 4,000円 6,000円 4,000円 6,000円
課限度額 51万円 52万円 16万円 17万円 14万円 16万円

※医療分 加入者全員が対象。医療費の支払いなどに利用。
※支援分 加入者全員が対象。後期高齢者医療費制度を支えるためのもの。
※介護分 40歳から64歳までの加入者に課され、介護保険制度を支えるもの。

改定率は12.05%増

 平成26年度の税率と比べ一世帯当たり、一人当たりの改定率が12.05%、一世帯当たり年間おおよそ1万3,416円、月額に換算して1,118円程度の増額となります。
 国保加入者の皆さまには、これまで以上に負担をお願いする事となりますが、国民健康保険財政を取り巻く厳しい状況に、ご理解とご協力をお願いいたします。

所得が少ない世帯への保険税の軽減拡充

 国民健康保険税は、世帯の合計所得額(世帯主及び国保加入者の所得合計額)に応じて、均等割額(国保加入者一人につき課税される税)と平等割額(一世帯につき課税される税)が軽減されます。この軽減の基準が改正され、5割軽減世帯と2割軽減世帯となる対象世帯が拡大されます。
 拡充された軽減制度の詳細は、次の表をご確認ください。

平成27年度軽減制度の拡充
区分 軽減対象者の要件(世帯の所得額)
平成26年度(改正前) 平成27年度(改正後)
7割軽減 33万円以下 33万円以下(変更無し)
5割軽減 33万円+{(国保加入者及び旧国保被保険者の合計人数)×24.5万円}以下 33万円+{(国保加入者及び旧国保被保険者の合計人数)×26万円}以下
2割軽減 33万円+{(国保加入者及び旧国保被保険者の合計人数)×45万円}以下 33万円+{(国保加入者及び旧国保被保険者の合計人数)×47万円}以下

※「旧国保被保険者」とは、後期高齢者医療制度へ移行したことにより国民健康保険の被保険者の資格を喪失し、当該移行日以降、継続して同一の世帯に属する者のことです。

標準世帯の保険税額

 実際に保険税がどれくらいになるかを、浦添市の国保加入世帯の標準的な世帯でご説明します。浦添市の標準的な世帯は、国保加入者が二人で、そのうち世帯主に介護分が発生します。世帯主に給与収入が139万円あり、所得に換算すると74万円になります。
 この標準的な世帯では、医療分に変更は無く、支援分が4,700円の増額、介護分が4,000円の増額となり、合計で8,700円の増額となります。税額の計算方法と、その他のケースでの税額は次の表をご覧ください。

国民健康保険税の算出方法
  算出方法
所得割 (前年の総所得金額-33万〔基礎控除額〕)×税率
均等割 国保加入者数×税額
平等割 1世帯あたりの税額
標準世帯での国民健康保険税

世帯主 45歳(給与収入139万円〔給与所得にすると74万円〕)
妻 38歳(所得ゼロ)    ※5割軽減世帯に該当

    平成27年度(改正後) 平成26年度(改正前) 増減
医療分 所得割額 {(74万円-33万円〔基礎控除額〕}×8.2% =33,620円 33,620円 ±0円
均等割額 19,000円×2人×0.5(5割軽減世帯) =19,000円 19,000円 ±0円
平等割額 17,000円×0.5(5割軽減世帯) =8,500円 8,500円 ±0円
合計 (合計後に100円未満切捨て)  61,100円 61,100円 ±0円
支援分 所得割額 {(74万円-33万円〔基礎控除額〕}×2.4% =9,840円 8,610円 +1,230円
均等割額 7,500円×2人×0.5(5割軽減世帯) =7,500円 5,000円 +2,500円
平等割額 6,000円×0.5(5割軽減世帯) =3,000円 2,000円 +1,000円
合計 (合計後に100円未満切捨て)  20,300円 15,600円 +4,700円
介護分 所得割額 {(74万円-33万円〔基礎控除額〕}×2.4% =9,840円 7,790円 +2,050円
均等割額 9,500円×1人×0.5(5割軽減世帯) =4,750円 3,750円 +1,000円
平等割額 6,000円×0.5(5割軽減世帯) =3,000円 2,000円 +1,000円
合計 (合計後に100円未満切捨て)  17,500円 13,500円 +4,000円
税額合計 61,100円+20,300円+17,500円 =98,900円 90,200円 +8,700円
その他のケース
モデル1 世帯情報 世帯主 30歳 (所得額175万)
28歳 (所得額  0万)
5歳  
(H27年度) 医療分 190,400円 +支援分 62,500円 +介護分 0円 =252,900円
(H26年度) 190,400円 48,800円 0円 =239,200円
 
モデル2 世帯情報 世帯主 68歳 (年金収入220万 年金所得にすると100万)
63歳 (所得額 0万)
(H27年度) 医療分 82,400円 +支援分 26,500円 +介護分 7,700円 =116,600円
(H26年度) 82,400円 21,000円 5,700円 =109,100円
※65歳以上の方の年金所得の場合、年金所得から15万を引いた額で軽減判定を行うため、
上記の世帯は5割軽減世帯に該当します。そのため、均等割・平等割を5割軽減で計算しています。

 平成27年度税の納税通知書の発送は7月中旬頃を予定しています。

今後の取り組み

 浦添市では、今後も国保加入者の皆さまが安心して医療を受けられるよう浦添市国保財政の健全化を目指します。
 税率改正を行うだけでなく、更に医療費適正化を図るため、レセプト点検事務の強化やジェネリック医薬品の利用促進、特定健診の受診勧奨、保健指導に関する取り組みなど引き続き努めていきます。

 

お問い合わせ

福祉健康部 国民健康保険課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 国保税第1・2係(3724) 給付係(3713、3714、3715、3726)長寿いきいき係(3712、3727) 庶務係(3711)
FAX:098-874-5030

記事へのアンケート