浦添城跡から出土した戦争遺物の展示

公開日 2017年07月20日

最終更新日 2017年07月21日

浦添グスク・ようどれ館で浦添城跡から出土した戦争遺物を展示しています。
「戦争と平和を考える展示」画像
昭和20年(1945年)の沖縄戦において、浦添グスク一帯は「前田高地」と呼ばれ、日本軍の陣地が構築されました。前田高地では激戦が繰り広げられ、多くの人命が失われました。戦争と平和について考えることの多いこの時期、浦添グスクや浦添ようどれの発掘調査で出土した戦争遺物を『浦添グスク・ようどれ館』で展示しています。
開催日:平成29年6月6日(火)から9月3日(日)まで
時 間:午前9時から午後5時
場 所:浦添グスク・ようどれ館(浦添市仲間2-53-1)
入館料:大人(高校生以上) 100円
    子供(小・中学生)  50円
      ※市内小・中学生は無料
休館日:毎週月曜日
電 話:098-874-9345 (浦添グスク・ようどれ館)

地図

浦添グスク・ようどれ館地図

お問い合わせ

文化部 文化課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目1番2号(2階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 6211/6212(文化振興係)、6213/6214(グスク整備係)、6216/6217(文化財係)
FAX:098-878-1487

記事へのアンケート