JICAによる中小企業の海外展開支援をご紹介します

公開日 2015年06月03日

最終更新日 2015年06月03日

tojosien

ODAを活用した国内企業の海外展開支援

 昨今、途上国の経済成長と持続的な社会発展・貧困削減に関する民間企業や民間資金の重要性は増すばかりです。日本も環境問題のほか、食糧や資源などグローバルな問題に直面していますが、これらの問題解決に民間事業所の役割が重要です。
 沖縄国際センター(前田在)を運営するJICAでは、現在150以上の国・地域で支援事業を展開しており、これまでに蓄積した海外の現地情報や豊富なネットワークを活かし、途上国への海外展開を検討される企業の支援を行っています。
 

JICAによる支援内容

 JICAの民間連携事業は、途上国の開発に役立つ技術や製品を所有する企業が、海外展開を行うための支援を行っています。
 既にこれまでに沖縄県内の17の企業と1団体が採択されています。

1.事業準備支援
 途上国の課題解決につながるビジネス、BOP(主に貧困層対象)ビジネス、開発援助(ODA)案件化を念頭にした調査、官民連携(PPP)インフラ等に関する調査や普及を支援します。

2.海外展開に必要なグローバル人材の育成・確保
 企業の海外展開を担う社員の育成や途上国との人的ネットワーク形成等を目的にJICAボランティア事業を活用して企業から社員を派遣し、グローバル人材の育成確保を支援します。
 (※所属先補てん制度あり。派遣国、期間、業務内容等は企業側の要望を踏まえて現地と調整します)

3.途上国との人的ネットワークの促進・情報収集
 JICA沖縄において実施の途上国からの研修員受入を活用したネットワークを促進し、情報収集を行っています。
 

沖縄県からの採択実績例

 JICAの民間連携事業は、途上国の開発に役立つ技術や製品を所有する企業が、海外展開を行うための支援を行っています。
 既にこれまでに沖縄県内の17の企業と1団体が採択されています。

企画名
企業名
対象分野
対象国
島嶼地域における環境に配慮した小型焼却炉の普及に向けた案件化調査 株式会社トマス技術研究所 廃棄物処理 インドネシア
島嶼地域における太陽光発電・ディーゼル発電のハイブリッドシステム構築技術の案件化調査 株式会社 電協エンジニアリング・株式会社 沖縄エネテック 共同企業体 環境・エネルギー モルディブ
ベトナム国における廃棄物最終処分場浸出水処理技術適用可能性調査 株式会社シャイニーボールホールディングス・株式会社EJビジネス・パートナーズ・株式会社エイト日本技術開発 共同企業体 廃棄物処理 ベトナム
沖縄県中小企業が有する島嶼地域向け系統連系型太陽光発電システム導入技術の普及・実証事業 有限会社 沖縄小堀電機 環境・エネルギー ソロモン
沖縄県中小企業が有する島嶼地域での太陽光発電システムの技術・ノウハウ導入のニーズ調査 株式会社沖縄エネテック 環境・エネルギー ソロモン
モルディブ
セーシェル
大洋州島嶼国における廃ガラスリサイクル沖縄モデルの導入案件化調査 株式会社トリム・株式会社沖縄TLO共同企業体 廃棄物処理 バヌアツ
キリバス
トンガ
パプアニューギニア
サモア アピア近郊に再生可能エネルギーを使った沖縄・宮古島モデル案件化調査 福山商事株式会社・株式会社沖電システム・一般財団法人南西地域産業活性化センター共同企業体 水の浄化・水処理 サモア
Dr.カー(移動型診療所)の実施プロジェクト アクシオヘリックス株式会社・テクノロジーシードインキュベーション株式会社・株式会社スマートエナジー・特定非営利活動法人ロシナンテス共同企業体 医療保健 スーダン
アラオア浄水場緩速ろ過池(生物浄化法)改善への普及・実証事業 福山商事株式会社 水の浄化・水処理 サモア
Dr.カー(移動型診療所)展開に関する運行支援普及・実証事業 アクシオヘリックス株式会社 医療保健 スーダン

 

JICA活用事例

JICA海外支援イメージ

本事業のお問い合わせについて

中小企業海外展開支援サイト(JICA) リンク
中小企業海外展開支援 公示・募集、説明会情報 リンク

 

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート