☆南米からのおたより☆2015年5月【ペルー】

公開日 2015年05月27日

最終更新日 2015年06月01日

南米移住者子弟研修生受入事業で研修を終了した研修生からおたよりが届きました。

友好の日でつながる日本とペルー

 ~ ペルーで4月3日は日本ペルー友好の日です ~

2014年度南米移住者子弟研修生   

  比嘉 森川 マリ エリサ(ペルー)

式典 ※写真提供:APJ (Asociación Peruano Japonesa)

 

  みなさん、こんにちは。
 みなさんは、日本とペルーの間に友好の日があることを知っていますか?
 知らない人が多いかもしれませんが、実はあるのです!

 この友好の日は、4月3日が記念日となっています。日本からペルーへの最初の移民が到着した日が、4月3日だからです。

 1989年に、この「日本ペルー友好の日」が制定されました。今日は、この歴史について少しお話したいと思います。

  今から116年前の1899年、最初の日本人移民がペルーに到着しました。790人の日本人移民を載せた「佐倉丸」が4月3日にペルーのカヤオ港に到着したのです。そこから、ペルーの日系人の歴史が始まりました。
 浦添からペルーへの移民は1906年からスタートし、戦前までに180人がペルーへ渡っています。ウチナーンチュを含めた日本人移民の多くは、農家で働きました。困難や問題にも関わらず、彼らは家族をつくり、ペルーに定住することを決めました。

 そのため、4月は最初の日本人移民の到着を記念する大切な月なのです。ペルーは、南米で最初に日本と外交を結んだ国で、最初に日本人移民を受け入れた国でもあります。

 

 1989年には、この4月3日が日本ペルー友好の日と公式に定められました。この日は、記念行事が行われ、日本ペルー友好の橋にある記念碑に献花がされます。記念碑は、佐倉丸でペルーに到着した最初の日本人移民に敬意の気持ちを込めて建立されました。記念行事には、日本の大使など重要な人々が参加します。文化会館では、茶会や仏式法要が開催されました。

 「日本ペルー友好の日」。これは、ペルーと日本の強い絆を再確認する、大切な日なのです。

 

※写真提供:APJ (Asociación Peruano Japonesa)

友好の橋  献花

              ▲日本ペルー友好の橋                           ▲友好の橋での献花

国会での式典  仏式法典

        ▲ペルー国会での友好の日を祝う式典                ▲文化会館で開催された仏式法要

 

【スペイン語】

 

Día de la amistad Peruano Japonesa

¿Sabes que hay un día de amistad entre Japón y Perú?

Pues sí!

El día de la amistad Japón y Perú se celebra el 3 de abril. Ese día, llegaron los primeros inmigrantes japoneses al Perú.

El día de la amistad entre Japón y Perú fue declarada hace 26 años.

Sin embargo, vamos a contarles un poco de historia.

Hace 116 años llegaron al Perú los primeros inmigrantes japoneses.
El 03 de abril 1899, 790 inmigrantes japoneses llegaron a bordo del barco Sakura Maru al puerto de Callao en el Perú.

Así comenzó la historia de los nikkeis peruanos.
La inmigración a Perú desde Urasoe se inició a partir del año 1906,llegaron 180 personas hasta antes de la Segunda Guerra Mundial.

Muchos de los inmigrantes japoneses, incluyendo a los uchinanchus
trabajaron en campos de cultivo.
A pesar de los obstáculos y los problemas, formaron sus familias y decidieron quedarse en Perú.

Por esto el mes de abril es importante, porque se conmemora la llegada de los primeros inmigrantes japoneses.

Se declaró el Día de la amistad Peruano Japonesa en 1989  y Perú es el primer país de América del Sur que inicia relaciones diplomáticas con Japón, así como el primer país en aceptar inmigrantes japoneses.

Como es tradicional, las celebraciones comienzan en el Puente de la Amistad, donde se coloca una ofrenda floral en el monumento que rinde homenaje a los primeros inmigrantes japoneses que llegaron a Perú en el Sakura Maru. Estuvo presente el embajador japonés y personas importantes de la comunidad.

Luego en el Centro Cultural Peruano Japonés se llevó a cabo la ceremonia budista y la ceremonia del té.

Esta fecha es importante porque reafirma los fuertes lazos de unidad entre el Perú y Japón.
 

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート