「移民」について伝えました!ブラジル研修生と小学校との交流

公開日 2015年09月30日

最終更新日 2015年12月02日

ブラジルからの研修生が小学校で「移民」について伝えました!

~平成27年度南米移住者子弟研修生受入事業~

クイズ

 

  南米移住者子弟研修生受入事業で沖縄で研修を受けいている山田ジェシカさん(ブラジル)と当銘フェリッペさん(ブラジル)が市内小学校で交流をしました。

  この交流は、地域の小学生に外国について知ってもらうだけではなく、「移民」について知ってもらうことを大きな目的としています。

  浦添市出身の3世となる二人は、ブラジルで生まれてブラジルで育ったけれど、沖縄の人と同じウチナーンチュの顔をしています。なぜウチナーンチュの顔をしているのか、子どもたちに説明しながら「移民」について伝えました。

  浦添から南米に移民した祖先の話や、今でも南米には、移民した方々の子孫でつくられる浦添市人会があることを紹介すると、「遠く離れたブラジルに小さな浦添があると初めて知った」との感想がありました。

  移民のほかにも、ブラジルについて知ってもらうため、クイズゲームやポルトガル語のあいさつを教えながら楽しく交流しました。

①仲西小学校  平成27年9月25日(金) 6年生

クイズタイム
▲ブラジルについてのクイズ
移民
▲移民についてのプレゼンテーション

②宮城小学校  平成27年10月6日(火) 6年生

質問タイム
▲質問タイム
移民
▲日本語で説明しました。

③前田小学校  平成27年11月10日(火) 6年生

DSC_0007
▲移民クイズ
IMG_3242
▲熱心に話を聞くこどもたち

 

 

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1258(広報広聴係、国際交流係)

記事へのアンケート