沖縄の企業体験! ~平成27年度南米移住者子弟研修生受入事業~

公開日 2015年11月11日

最終更新日 2015年11月15日

沖縄の企業や伝統工芸を体験しました!

 

 平成27年度南米移住者子弟研修生受入事業で7月から研修をスタートさせた当銘 フェリッペ ひろゆきさん(ブラジル)と山田 ジェシカ 明美さん(ブラジル)が日本の企業や経済に理解を深めるため、企業を訪問しました。

 ブラジルの大学で経営学を専攻し、企業や商品の製造過程に興味のあるフェリッペさんは、「一般社団法人 沖縄ビジネス・インキュベーション・プラザ」と「沖縄コカ・コーラボトリング株式会社」に受け入れていただきました。

 ブラジルで美術大学に通っているジェシカさんは、沖縄の伝統工芸である紅型に関心を持ち、「琉球びんがた事業協同組合」に受け入れていただきました。

 

スケジュール

当銘 フェリッペ ひろゆき 山田 ジェシカ 明美

 

11月2日

一般社団法人 

沖縄ビジネス・インキュベーション

・プラザ

11月4日

  ~6日

琉球びんがた事業協同組合

11月4日

  ~6日

沖縄コカ・コーラボトリング株式会社   

一般社団法人 沖縄ビジネス・インキュベーション・プラザ

沖縄ビジネス

 ここでは、起業する際に大切なことや浦添市が実施している企業家へのサポートについて学びました。

 実際に起業した事例を学びながら、会社の目的やコンセプトの大切さを学び、また、小さなことでも積み上げていくことで、会社をスタートさせることが可能だと、事例を見て感じることができました。

IMG_2921

▲コンセプト作りの大切さを学びました。

IMG_2926

▲起業するときに必要なことを学びました。

 

〇沖縄コカ・コーラボトリング株式会社

h_logo

 

 今回の研修では、工場見学のほか、商品の品質管理や機械のメンテナンスなどについて学びました。

 ブラジルの大学で経営学を専攻しているフェリッペさんは、大学で学んだマネージメント手法を実際に工場で見学することができました。 

 日本の工場を訪れて一番おどろいたのは、品質管理の厳しさでした。

P1140097

▲工場見学の様子

P1140104

▲缶ラインの見学

PB060010

▲お世話になった皆様と

P1140113

▲品質管理の研修

 

bingata_lead

 

〇琉球びんがた事業協同組合

 ブラジルで美術大学に通うジェシカさんは、沖縄に来る前から紅型に興味がありました。

 今回の研修で紅型の歴史や制作工程を学び、よりいっそう紅型や沖縄の美術に興味を持つようになりました。

 初めての紅型でしたが、色の入れ方やぼかしの方法、型紙の作り方を学ぶことができました。

IMG_2994

▲初めての紅型制作

IMG_2979

▲紅型の歴史を学ぶ様子

20151104_115533

▲色の入れ方を学びました。

型紙の作り方2

▲型紙をデザインしました。

関連ワード

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート