未熟児養育医療費給付の申請について

公開日 2016年01月14日

最終更新日 2018年10月18日

 未熟児養育医療とは、母子保健法第20条に基づき、身体の発育が未熟なまま生まれ、入院を必要とする乳児が、指定医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に要する医療費を公費により負担する制度です。医療費は、世帯の所得税額等に応じて、一部自己負担となります。

※必ずお子様の入院中に申請を行ってください。
※お子様の入院中に健康保険証等の必要書類が揃わない場合はこども家庭課(浦添市保健相談センター)にお問い合わせください。

 

平成28年1月から申請には個人番号(マイナンバー)が必要です

(個人番号確認のために必要なもの) 

1.申請手続きを行う扶養義務者の個人番号カード、または個人番号通知カードと扶養義務者本人が確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)

2.こども(給付を受ける児)および、その児と生計を同一にする世帯員全員の個人番号カードまたは個人番号通知カード

※申請時にこども(給付を受ける児)の個人番号が通知されていない場合は、申請の際にお申し出ください。

その他必要なものは未熟児養育医療の申請手続きに必要な書類について[PDF:211KB]をご確認ください。

対象

市内に居住する未熟児で次に掲げる程度のいずれかの症状を有し、医師が入院養育を必要と認めたもの。

ア 出生時体重2,000グラム以下のもの

イ 生活力が特に薄弱であって次に掲げるいずれかの症状を示すもの

(ア) 一般状態

a 運動不安、痙攣があるもの

b 運動が異常に少ないもの

(イ) 体温が摂氏34度以下のもの

(ウ) 呼吸器、循環器系

a 強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの

b 呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、又は毎分30以下のもの

c 出血傾向の強いもの

(エ) 消化器系

a 生後24時間以上排便のないもの

b 生後48時間以上嘔吐が持続しているもの

c 血性吐物、血性便のあるもの

(オ)黄疸

生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

申請に必要な書類

各様式は下記からダウンロードできます。

養育医療給付申請書[PDF:122KB]

養育医療意見書[PDF:87KB]

世帯調書[PDF:85KB]

誓約書[PDF:55KB]

その他状況に応じて必要な書類

養育医療給付継続申請書[PDF:71KB]

養育医療券再交付申請書[PDF:74KB]

移送承認申請書[PDF:63KB]

内訳書(移送費)[PDF:32KB]

お問い合わせ

こども未来部 こども家庭課(保健相談センター内)
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(直通)
FAX:098-875-1579

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート