浦添市介護予防・日常生活支援総合事業における指定第1号事業の指定等について

公開日 2017年03月30日

最終更新日 2019年07月24日

 浦添市では介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)を実施しています。これまでの「介護予防訪問介護」「介護予防通所介護」が総合事業の「介護予防訪問介護相当訪問サービス(第1号事業)」「介護予防通所介護相当通所サービス(第1号事業)」へと変わります。総合事業の「介護予防訪問介護相当訪問サービス(第1号事業)」「介護予防通所介護相当通所サービス(第1号事業)」のサービスの基準、単位数、利用者負担は、国基準(予防給付相当)に準拠しており、サービス内容に変更はありません。
 浦添市の被保険者に第1号事業(介護予防訪問(通所)相当)を提供する場合、県よりみなし指定を受けていない事業者は、浦添市の指定を受ける必要があります。

  お知らせ

   ●平成31年度介護予防通所介護相当サービス(総合事業)における事業所評価加算判定結果について

   ●平成31年度 介護職員処遇改善加算の届出について

   ●浦添市内介護事業所一覧表

   ●【総合事業】平成30年度介護職員処遇改善加算の届出について

   ●平成30年度介護予防通所介護相当サービス(総合事業)における事業所評価加算判定について

   ●総合事業に関する指定更新(みなし指定事業所)手続きについて

   ●平成29年度介護予防・日常生活支援総合事業における介護職員処遇改善加算について

   ●平成28年度介護職員処遇改善加算の実績報告の提出について(総合事業第1号事業所)

  もくじ

   ●訪問型サービス(現行相当)について

   ●通所型サービス(現行相当)について

   ●総合事業に係るサービス事業費の請求について

   ●定款等への総合事業の記載について

   ●新規指定申請について

   ●指定更新申請について

   ●指定有効期限短縮の申出について

   ●廃止・休止・再開の届出について

   ●変更に係る届出について

   ●事業費算定に係る体制等に関する届出について

   ●指定・更新申請に係る手数料の徴収について

   ●介護職員処遇改善加算の届出について

   ●事業所評価加算の届出について

   ●申請書及び添付書類について

   ●要介護者の受け入れについて

訪問型サービス(現行相当)について

訪問型サービス(みなし):みなし事業所により提供される従来の介護予防訪問介護に相当するサービス
平成27年3月31日までに都道府県より指定介護予防訪問介護事業者として指定を受けた事業者は平成30年3月31日まで総合事業の指定を受けたものとみなされ介護予防訪問介護相当訪問サービス(第1号事業)のサービスを提供することが出来ます。
※平成30年4月1日以降サービスを提供する場合、浦添市への指定更新が必要となります。
訪問型サービス(独自):浦添市から指定を受けた第1号事業所により提供される従来の介護予防訪問介護に相当するサービス
サービス単価については、訪問型サービス(みなし)と同様です。
事業所の基準については、現行の介護予防訪問介護と同様の基準です。

もくじへ戻る

通所型サービス(現行相当)について

通所型サービス(みなし):みなし事業所により提供される現行の介護予防通所介護に相当するサービス
平成27年3月31日までに都道府県より指定介護予防通所介護事業者として指定を受けた事業者は平成30年3月31日までの総合事業の指定を受けたものとみなされ介護予防通所介護相当通所サービス(第1号事業)のサービスを提供することが出来ます。
※平成30年4月1日以降サービスを提供する場合、浦添市への指定更新が必要となります。
通所型サービス(独自):浦添市から指定を受けた第1号事業所により提供される現行の介護予防通所介護に相当するサービス
サービス単価については、通所型サービス(みなし)と同様です。
事業所の基準については、現行の介護予防通所介護と同様の基準です。

もくじへ戻る

総合事業に係るサービス事業費の請求について

予防給付と同様、審査支払は沖縄県国民健康保険団体連合会(以下「国保連」という。)が行います。サービス提供を行った事業者は、国保連へ請求を行ってください。事業者によってコード種類(A1,A2,A5,A6)が異なりますので請求の際はご注意ください。

サービス概要
サービス種類 指定事業者の種類 コード種類
訪問型サービス(みなし) みなし指定を受けた事業者がサービスを提供する場合 A1
訪問型サービス(独自) 浦添市の第1号事業者の指定を受けた事業者がサービスを提供する場合 A2
通所型サービス(みなし) みなし指定を受けた事業者がサービスを提供する場合 A5
通所型サービス(独自) 浦添市の第1号事業者の指定を受けた事業者がサービスを提供する場合 A6

(参考)介護予防・日常生活支援総合事業費単位サービスコード表【H29.4月施行版】[PDF:140KB]
(参考)介護予防・日常生活支援総合事業費単位サービスコード表【H30.10月施行版】[PDF:74KB]
(参考)介護予防・日常生活支援総合事業費単位サービスコード表【H31.4月施行版】[PDF:98KB]
介護予防・日常生活支援総合事業サービスコード【H31.3月まで】[CSV:22KB]
介護予防・日常生活支援総合事業サービスコード【H31.4月更新】[CSV:23KB]

※平成31年4月施行版のサービスコードマスタ(A2及びA6)を更新しました。
(A1及びA5については、国保中央会提供のサービスコードマスタを使用してください。)

もくじへ戻る

定款等への総合事業の記載について

平成27年4月1日以降に県より指定を受けた事業所が新たに第1号事業所として浦添市の指定を受ける場合には、定款等に総合事業の記載が必要になります。また、運営規程等には、総合事業を実施していることがわかるよう記載する必要があります。

【記載例】
・定款及び登記簿:介護保険法に基づく介護予防・日常生活支援総合事業
・運営規程、契約書及び重要事項説明書:介護予防・日常生活支援総合事業指定第1号事業の訪問(通所)サービス

もくじへ戻る

新規指定申請について

 総合事業を開始するための手続きは、開始するサービスの種類や事業を行う事業所の指定状況等によって異なります。申請するサービスの指定申請用の提出書類一覧で必要な書類を確認し、一覧表にチェックを入れた上で、申請書および添付書類等をご提出ください。

【注意事項】

・指定申請を行う前に、事前協議を行いますので、あらかじめご連絡をお願いします。

  連絡先:浦添市いきいき高齢支援課介護給付係  TEL 098-876-1234(内3594)

・指定を受ける日(1日)の前々月の末日までにいきいき高齢支援課介護給付係に提出してください。

  例)6月1日指定→4月末日までに指定更新申請書類一式を提出する。

・提出書類の製本ルールについて、申請書はA4ファイルに綴り、書類ごとに合紙を挟み、その合紙に「指

 定申請にかかる必要書類一覧」の番号を記したインデックスを貼り付けてください。

・新規指定には手数料が必要となります。「指定・更新申請に係る手数料の徴収について」をご確認ください。

・申請の審査をし、書類に不備等がありましたら、必要に応じ書類の訂正、差し替え等をお願いするため、

 指定が遅れる場合があります。

・指定日は、毎月1日です。

・沖縄県より介護予防訪問(通所)介護の指定を受けている事業所については、原則、事前協議と現地調査

 は行いません。

【現行相当サービスの指定申請について】

(1)指定があったとみなされている事業所

  平成27年3月31日以前に介護予防訪問介護又は介護予防通所介護の指定を受けた事業所

  ※指定申請は不要です。ただし、平成30年4月1日以降も現行相当サービスの実施を希望

   する場合は、平成30年3月31日までに更新手続きが必要です。

(2)指定があったとみなされていない事業所

  平成27年3月31日までに介護予防訪問介護又は介護予防通所介護の指定を受けていない

  事業所で、新たに第1号事業所として浦添市の指定を受ける事業所

  ※指定申請が必要です。申請するサービスの指定申請用の提出書類一覧表で必要な書類

   を確認し、一覧表にチェックを入れた上で、申請書及び添付書類等をご提出ください。

もくじへ戻る

指定更新申請について

 指定の有効期間満了日の経過後も事業所の運営を継続する場合には、更新の手続きを行ってください。当該更新を受けない場合は、有効期間満了とともに事業所の指定の効力を失い、以後の事業所の継続をすることができなくなりますのでご注意ください。

 更新申請は、原則として指定有効期限の2ヵ月前から受付いたします。指定有効期限の1ヵ月前までに申請書等をご提出ください。また、指定更新には手数料が必要となります。「指定・更新申請に係る手数料の徴収について」をご確認ください。

 なお、更新は、従前の指定内容をそのまま更新する手続きです。届出が必要な変更事項が発生しているにも関わらず、変更届が提出されていない場合は速やかに変更届をご提出ください。

もくじに戻る

指定有効期限短縮の申出について

 平成29年11月1日より、浦添市介護予防・日常生活支援総合事業における訪問型サービス(現行相当)及び通所型サービス(現行相当)については、既に指定を受けている同種のサービスと一体的に事業を実施する場合に限り、指定有効期限(上限6年)を短縮し、一体的に事業を実施する同種の指定済みサービスの有効期限と合わせることが可能となります。新規指定申請または更新指定申請の際に、指定有効期限の短縮を希望される場合、所定の申出書に必要事項を記入の上、提出する必要があります。指定有効期限短縮希望の申出がない場合の指定有効期限は、6年となります。

 詳細は、指定有効期限の短縮について[PDF:95KB]をご確認ください。

もくじに戻る

廃止・休止・再開の届出について

【廃止・休止・再開】
介護予防・日常生活支援総合事業において、指定事業所の廃止・休止の場合は廃止・休止日の1か月前までに、再開の場合は再開日から10日以内に下記届出書を提出してください。

【提出期限】
・廃止または休止の日の前月の末日までにいきいき高齢支援課介護給付係に提出
例)9月30日付けで廃止(休止)の場合 → 8月31日までに廃止(休止)届出書を提出
・再開 再開した日から10日以内
例)12月1日から再開する場合 → 12月10日までに再開届出書を提出
※事業所を再開する場合は事前にいきいき高齢支援課と協議するようお願いします。

もくじへ戻る

変更に係る届出について

第1号事業所は、介護保険法施行規則に定める事項に変更があったときは、 変更内容について浦添市長に届出を行う必要があります。 
・直近の届出済みの内容から、変更があったとき
・法改正等に伴い届出事項が追加・変更となったとき

  詳細は、変更届出書事項一覧[PDF:119KB]をご確認ください。

【届出にあたって】
・必要書類が不足している場合等は書類を返却する場合があります。
・変更届出書の内容によっては、追加で資料を求める場合がありますので、予めご了承願います。
・届け出いただいた書類は、返却しませんので、各自で必ずコピー等を保管してください。

【提出期限】
・変更があった日から10日以内にいきいき高齢支援課介護給付係に提出してください。届出が遅れた場合には、遅延理由書を提出してください。
※事業所(施設)の所在地の変更名称変更や移転、事業所(施設)の建物の構造、専用区画の変更、事業所(施設)の定員変更、利用料金の変更などの重要な変更事項は事前にいきいき高齢支援課と協議するようお願いします。

〈運営規程にかかる 従業者の職種,員数及び職務の内容変更について〉
  平成30年度から「運営規程(従業者の職種,員数及び職務の内容)」ついては、変更があった場合でも、
その都度、変更届の提出を行う必要はありません。
毎年4月1日時点において、前回の届出と比べて「運営規程(従業者の職種,員数及び職務の内容)」
に変更がある場合のみ、4月1日を変更年月日として、毎年4月10日までに提出してください。
また、運営規程の員数の記載方法において、従業者の員数は実際の在籍人数を記載しますが、
「◯◯人以上」という記載でも差し支えありません。この記載の場合、従業者の員数が運営規程の人員を
満たしている限り、毎年4月1日の員数に係る変更届の提出が不要となります。
※平成30年度、すでに上記の変更届を提出した事業所は、提供した人員体制と次年度を比較し、相違がある場合のみ届出を行ってください。

【注意事項】
・ 運営規程は、現在の利用者数に応じて法令等で規定されている人員基準以上の従業者数を規定してください
(法令等の基準を満たしていない運営規程は無効です)。
・ 運営規程の概要、従業者の勤務の体制、その他の利用申込者のサービスの選択に資すると認められる重要事項を
記した書類(重要事項説明書等)は、利用者の事業所選択のための情報となりますので従来どおり現在の
職員数を明確に記載するようお願いします。また、当該書類は事業所の見やすい場所に掲示してください。

・管理者,サービス提供責任者(訪問事業責任者)の変更については、その都度、届け出が必要です。
生活相談員(介護福祉士又は実務経験により認められる者に限る),看護職員,機能訓練指導員,訪問介護員は、その都度、資格証の写しのみ提出をお願いします。

 もくじへ戻る

事業費算定に係る体制等に関する届出について

第1号事業において、加算等の算定の可否を審査する資料として、新規指定時及び変更時等に届出が必要となります。事業所ごとに、提出期限までに届出をお願いいたします。

【届出が必要な場合】
・事前の届出が必要な加算の適用を受けようとするとき
・加算の要件に該当しなくなったとき
・届出済みの内容に変更があったとき
・指定申請をしようとするとき

【提出期限】
・算定の開始を希望する月の前月15日(閉庁日の場合は15日以降の直近の開庁日)までにいきいき高齢支援課介護給付係に提出。
ただし、介護職員処遇改善加算については、加算算定月の前々月の末日までに提出すること
例)8月からの加算の場合 → 6月末までの提出
また、加算の要件を満たさなくなった場合は、上記の日時にかかわりなく速やかに提出すること

【届出にあたって】
・必要書類が不足している場合等は書類を返却する場合があります。
・届出の内容によっては、追加で資料を求める場合がありますので、予めご了承願います。
・届出書等の受理後、書類等は返却いたしませんので、各自において必ずコピーを取るなどして保管してください。

もくじへ戻る

指定・更新申請に係る手数料の徴収について

介護予防・日常生活支援総合事業者の指定申請・指定更新申請に対する審査について、平成29年4月1日から、浦添市手数料条例に基づき事務手数料が発生します。

 
手数料(1件あたり)
対象事業者 新規指定 指定更新
介護予防・日常生活支援総合事業者 5,000円

3,000円

もくじへ戻る

介護職員処遇改善加算の届出について

介護給付と介護予防訪問介護相当訪問サービス(第1号事業)又は介護予防通所介護相当通所サービス(第1号事業)を一体的に実施している場合は、県へ届出を行うとともに、当該届出の写しを浦添市に届け出てください。(届出先が浦添市である場合は、浦添市に届出を行うだけでよい。)
介護予防訪問介護相当訪問サービス(第1号事業)又は介護予防通所介護相当通所サービス(第1号事業)のみを実施する場合は、浦添市に届け出る必要があるので、届け出前にお問い合わせ下さい。
また、本加算を算定した事業所等は、各事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の末日までに、介護職員処遇改善加算実績報告書を各指定権者に提出することとなっています。

 ※詳細はこちら

もくじへ戻る

事業所評価加算の届出について

 介護予防通所介護相当サービス(総合事業)における事業所評価加算は、選択的サービス(運動器機能向上サービス、栄養改善サービス、口腔機能向上サービス)を行う介護予防通所介護相当サービス事業所について、効果的なサービスの提供を評価する観点から、評価対象となる期間(各年1月1日から12月31日までの期間)において、利用者の要支援状態等の維持・改善の割合が一定以上となった場合に、当該評価対象期間の翌年度における介護予防通所サービスの提供につき加算を行うものです。

 1 対象 介護予防通所介護相当サービス事業所
    ※みなし指定の事業者以外の事業者及びみなし指定の事業所で平成27年4月以降に届ける場合が対象。

 2 要件

   (1)定員利用・人員基準に適合しているものとして都道府県または浦添市に届け出て選択的サービスを行

      っていること。

      ※選択的サービス(運動器機能向上サービス、栄養改善サービス、口腔機能向上サービス)

   (2)評価対象期間における当該指定介護予防通所介護事業所の利用実人員数が10名以上 であること。

   (3)厚生労働大臣が定める基準を満たしていること。詳細はこちら[PDF:425KB]

 3 届出方法

   (1)届出時期

      加算算定を行う前年度の10月14日まで

      ※届出を行った翌年度以降に再算定を希望する場合にその旨の届出は必要ありません。
      ※みなし指定の事業者で平成27年3月以前に都道府県に届出を行っている場合は、改めて浦添市へ届

       出を行う必要はありません。

   (2)届出先

      浦添市役所いきいき高齢支援課の窓口
      郵送の場合は、毎年10月14日までの消印有効。郵送の際には、封筒に「事業所評価加算届出書在中」と

      朱書きすること。

 ※加算の要件を満たしていても、事前の届出がない場合は算定できませんので、ご注意ください。

もくじへ戻る

申請書及び添付書類について

 申請書及び添付書類については、こちらからダウンロードできます。

もくじへ戻る

要介護者の受け入れについて

介護予防・日常生活支援総合事業の指定第1号事業所は、要支援者及び総合事業の対象者の方が利用できます。要介護の方を受け入れる場合は、利用定員が19名以上の事業所は沖縄県より通所介護の指定を受ける、もしくは、利用定員が18名以下の事業所は市町村より地域密着型通所介護の指定を受ける必要があります。指定の手続きについては、下記を参照してください。
沖縄県→「介護保険事業者の指定について」
浦添市(地域密着型通所介護)→いきいき高齢支援課介護給付係までお問合せください。

もくじへ戻る

お問い合わせ

福祉健康部 いきいき高齢支援課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1234(代表):管理係(3581~3583)、給付係(3594・3593)、給付適正化(3592・3595)、認定係(3587・3588)、認定調査員(3584~3586・3589)、予防支援係(3531~3534)、在宅支援係(3541~3543)、高齢福祉係(3546・3567)
FAX:098-876-5011

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート