過去の未納保険料や免除された保険料の納付について(後納制度・特例追納・追納制度)

公開日 2016年08月05日

最終更新日 2018年08月15日

後納制度

時効で納めることができなかった保険料について、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができる制度です。

後納制度のメリット

  • 年金を受給するのに必要な資格を得られる可能性があること。
  • 将来受け取れる年金額が増額すること。

後納制度をご利用いただける方

  1. 20歳以上60歳未満で、5年以内に納め忘れの期間(納付・免除は除く)や未加入期間がある方
  2. 60歳以上65歳未満の方で、上記1.のほか任意加入期間中に納め忘れの期間がある方
  3. 65歳以上の方で、老齢基礎年金の受給資格がなく任意加入中の方

※60歳以上で老齢基礎年金を受け取られている方はご利用いただけません。
※特定期間となっている場合は、特例追納をご利用ください。

特例追納

保険料を納める必要のない第3号被保険者(第2号被保険者に扶養されている配偶者等)が、配偶者の退職や自身の収入が増えたときなどは、第3号から第1号被保険者への切り替えの届出をして、保険料を納めなくてはなりません。この届出が2年以上遅れた場合、2年以上前の保険料は納付することができないため、未納期間が発生します。このような方が「特定期間該当届」を提出すれば、「未納期間」を年金を受け取るための「受給資格期間」に算入できるようになりました。
さらに、手続きをすれば本来はさかのぼって納付することのできなかった期間(最大10年分)の保険料を納付することができます。これを特例追納といいます。保険料を納めれば、納付額に応じて老齢基礎年金の年金額が増えます。

特例追納の対象となる期間

  1. 特例追納をする時点で60歳以上の方
    →50歳以上60歳未満の期間
  2. 特例追納をする時点で60歳未満の方
    →納付をする時点から過去10年以内の期間

特例追納できる期間

平成27年4月1日から平成30年3月31日まで(3年間)

特例追納の保険料額

当時の国民年金保険料額に一定の額を加算した金額です。

特例期間該当届出・特例追納のお手続き先

年金事務所
※市区町村役場ではお手続きできませんのでご注意ください。

追納制度

老齢基礎年金を受給するときに、保険料の免除や猶予の承認を受けた期間があると、保険料を全額納付したときに比べて、年金額が減額して支給されます。しかし、この期間の保険料については、10年以内であれば後から納付(追納)することが可能になっており、追納することによって老齢基礎年金の額を増やすことができます。

追納ができる期間

  • 追納が承認された月の前10年以内の免除等期間(例:平成28年4月分は平成38年4月末まで追納可能)
  • 承認等をされた期間のうち、原則古い期間から納付していただきます。

追納する保険料額

保険料の免除または納付猶予を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、承認を受けた当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

平成30年度中に後納・追納する場合の保険料額

キャプション
セル セル セル セル セル セル
セル 全額免除 4分の3免除 半額免除 4分の1免除 セル
平成20年度の月分 15,170円 11,380円 7,580円 3,790円 後納不可
平成21年度の月分 15,260円 11,440円 7,630円 3,810円 後納不可
平成22年度の月分 15,520円 11,640円 7,760円 3,880円 後納不可
平成23年度の月分 15,310円 11,470円 7,650円 3,820円 後納不可
平成24年度の月分 15,160円 11,360円 7,580円 3,780円 後納不可
平成25年度の月分 15,130円 11,350円 7,570円 3,780円 セル
平成26年度の月分 15,280円 11,460円 7,640円 3,820円 セル
平成27年度の月分 15,610円 11,700円 7,800円 3,900円 セル
平成28年度の月分 16,260円 12,190円 8,130円 4,060円 追納加算額なし
平成29年度の月分 16,490円 12,370円 8,240円 4,120円 追納加算額なし

お問い合わせ

市民部 市民課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 記録係(3061、3062) 窓口係(3065、3066、3067) 戸籍係(3063、3064) 国民年金係(3111、3112、3113、3114、3115、3116)
FAX:098-874-5030

記事へのアンケート