災害が起きた時、子どもたちをどのように守りますか?(地域学校協働活動研修会のご案内)

公開日 2019年02月01日

最終更新日 2019年02月01日

災害が起きた時、学校・地域・家庭は子どもたちをどのように守りますか?

地域学校協働活動研修会のご案内

『子どもを災害から守るために、何をしたらいいのかな…』
『いつもの防災訓練だけでじゅうぶんなのかな…』
こうした悩みをお持ちの保護者や保育園~中学校の先生、学童、放課後子ども教室、子育てサークルやNPO等で活動される方々にお勧めです!

 

 地震や津波、巨大台風の来襲などの大規模災害が発生した時に、子どもたちや学校、保護者にはどのようなリスクが考えられるのでしょうか?まずは保護者や学校、地域が進めるべき「自助」と、社会全体の「共助」の視点で整理します。
 特に、子どもがいる家庭で何を備えるかといった「家庭の自助」と、保育園や幼稚園、小学校、中学校等で園児や児童・生徒が在園・在校中に災害が発生し、甚大な被害が発生した場合を想定し、園児や児童・生徒の安全判断、保護者ができることについて、講話やワークを通じて参加者とともに考えます。


tirasi


日時 2月15日(金)19時半~21時

場所 浦添市役所9階講堂

対象者 テーマに関心のある方(市内外問わず)

参加費 無料


講師名 稲垣 暁 氏

講師プロフィール 防災士・社会福祉士  兵庫県神戸市灘区出身。
1995年の阪神淡路大震災で、割れたタンスの空間で一命をとりとめ、すべての人生観が変わる。震災10年を機に毎日新聞社を中退し、以来地域防災に関わる実践と研究を続けている。沖縄大学・沖縄国際大学で、社会課題の現場に学生を出して育てることに奔走中。


詳しい内容と申込書は、こちらをクリックしてください 研修会チラシ[PDF:346KB]
スマートフォン等でご覧の方は、下記のEメールにお名前と連絡先(電話番号)をご記入の上、送信してください。

 

問い合わせ&申し込み先

浦添市教育委員会 教育総務課
098-876-1234(内線6063)
Fax098-879-7280
Eメール edusomu@city.urasoe.lg.jp

お問い合わせ

教育部 教育総務課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁7階)
TEL:(直通)098-876-1229(代表)098-876-1234:庶務係(6011、6012、6013)、社会教育係(6061、6062)、教育協働係(6063)
FAX:098-879-7280

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート