建築物エネルギー消費性能適合性判定(省エネ基準適合義務)

公開日 2017年04月01日

最終更新日 2017年04月05日

●適合性判定(省エネ基準適合義務)について

建築主は、特定建築行為(非住宅部分の床面積が2,000m2以上の新築・増改築)をしようとするときは、当該建築物を省エネ基準に適合させなければなりません。

本規定は建築基準関係規定となり、基準に適合しなければ、建築確認が下りないため、建築着工や建物使用ができなくなります。

また、当該建築物が、省エネ基準に適合していることを担保するために、建築主は、所管行政庁又は登録省エネ判定機関に省エネ計画を提出し、

建築物エネルギー消費性能適合性判定を受け、省エネ基準に適合している旨の通知書の交付を受ける必要があります。

 

●登録省エネ判定機関について

建築物省エネ法第15条1項の規定により、浦添市は登録建築物エネルギー消費性能判定機関に「建築物エネルギー消費性能適合性判定」の全部を委任いたします。

お問い合わせ

都市建設部 建築指導課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁5階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 4611、4612、4613、4614
FAX:098-876-7071

記事へのアンケート