平成29年度 定期予防接種のご案内

公開日 2017年04月07日

最終更新日 2017年08月30日

平成29年度 定期予防接種のご案内

H29年度 浦添市定期予防接種指定医療機関一覧(市内)[PDF:275KB]

 ヒブワクチン  予診票はこちらです。⇒Hib(ヒブ)ワクチン予診票[PDF:2MB]

■対象年齢 : 生後2月から生後60月(5歳)未満(5歳の誕生日の前日まで)
■接種回数 ※接種開始年齢により接種回数が異なります。(<1><3>の接種開始年齢をご確認下さい)
<1>生後2ヶ月~6ヶ月 ⇒ 初回接種3回(生後12月までに)、追加接種1回 
<2>生後7ヶ月~11ヶ月 ⇒ 初回接種2回(生後12月までに)、追加接種1回 
<3>生後12ヶ月~4歳児 ⇒ 1回接種のみ

※接種間隔など詳しくはこちらのチラシをご確認ください⇒H29年度 ヒブワクチン チラシ[PDF:496KB]
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

 小児用肺炎球菌ワクチン   予診票はこちらです。⇒小児用肺炎球菌予診票 [PDF:1MB]

■対象年齢 : 生後2月から生後60月(5歳)未満(5歳の誕生日の前日まで)
■接種回数 ※接種開始年齢により接種回数が異なります。(<1><4>の接種開始年齢をご確認下さい)
<1>生後2ヶ月~6ヶ月 ⇒ 初回接種3回(2回目は生後12月、3回目は生後24月までに)、追加接種1回  
<2>生後7ヶ月~11ヶ月 ⇒ 初回接種2回(生後24月までに)、追加接種1回
<3>生後12ヶ月~1歳11ヶ月 ⇒ 60日以上間隔で2回接種
<4>2歳~4歳児 ⇒ 1回接種のみ  
■接種費用 : 無料(全額公費負担)
※接種間隔など詳しくはこちらのチラシをご確認ください。⇒ 
H29年度小児用肺炎球菌 チラシ[PDF:619KB]

 B型肝炎ワクチン  予診票はこちらです。⇒ B型肝炎予防接種予診票[PDF:242KB]

■対象者 : 1歳未満。(1歳のお誕生日前日まで)
■接種回数 : 3回(1回目から2回目を27日以上、1回目から3回目を139日以上間隔をおいて)
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

H29年度B型肝炎ワクチンチラシ[PDF:217KB]

★公費で接種可能な期間が短いため、早めに忘れずに受けましょう

 4種(DPT-IPV)混合ワクチン  予診票はこちらです。⇒4種混合ワクチン予診票[PDF:305KB]
■対象年齢 : 生後3月から生後90月(7歳6ヶ月)未満

  ※DPTワクチンの製造・販売終了に伴い、DPTで接種開始して追加接種まで完了していない場合は、4種混合ワクチンへの切替え接種を行うようご案内しています。
■初回接種 : 20日以上間隔をあけて3回接種 (20日から56日までの間隔をおくことが望ましいとされています)
■追加接種 : 1期初回3回目接種終了後、6か月以上おいて1回接種 (12か月から18か月の間隔をおくことが望ましいとされています)
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

H29年度 4種混合ワクチンチラシ[PDF:458KB]

 BCG(結核)     予診票はこちらです。⇒BCG予診票[PDF:2MB]

■対象者 : 1歳未満(生後5ヶ月~8ヶ月での接種が望ましいとされています)
■接種回数 : 1回  
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

H29年度 BCGチラシ[PDF:447KB]

★公費で接種可能な期間が短いため、早めに忘れずに受けましょう

 MR(麻しん風しん混合)予防接種    予診票はこちらです。⇒1期 MR1期予診票[PDF:1MB]  2期 MR2期予診票[PDF:1MB]

1期・・・対象年齢:1歳から2歳未満(2歳のお誕生日前日まで)
■接種回数 : 1回
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

H29年度. MR1期チラシ[PDF:521KB]

2期・・・対象年齢:H23年4月2日生まれ~H24年4月1日生まれの者(5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期も達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日まで) 
■接種回数:1回 
■接種費用:無料(全額公費負担)

H29年度. MR2期チラシ[PDF:531KB]

 水痘(水ぼうそう)  予診票はこちらです。⇒ 水痘(水ぼうそう)予診票[PDF:1MB]
■対象年齢:1・2歳児(生後12月から生後36月未満)
■接種回数 : 2回(1回目と2回目は、3ヶ月以上の間隔をおいて接種する) ※6ヶ月からおおむね1年程度の間隔をおくことが望ましいとされています。
確実に水ぼうそうにかかったことがある方は接種する必要はありません。    
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

H29年度水痘チラシ[PDF:398KB]

 日本脳炎予防接種   予診票はこちらです。⇒ H29年度 日本脳炎 予診票[PDF:241KB]

 個別通知は 1期初回接種対象者:3歳児、1期追加接種対象者:4歳~7歳6ヶ月未満児、2期接種勧奨者:9歳児 の年齢で行っています。
【接種スケジュール】
■1期初回・・・対象年齢:生後6月から生後90月(7歳6ヶ月)未満(標準接種年齢3歳)
接種回数 : 2回(1回目と2回目は、6日以上の間隔をおいて接種する)  ※6日から28日までの間隔をおくことが望ましいとされています。
■1期追加・・・対象年齢:生後6ヶ月~7歳6ヶ月未満(標準接種年齢4歳)
接種回数 : 1回(1期2回目終了から、6ヶ月以上の間隔をおいて接種する)  ※おおむね1年の間隔をおくことが望ましいとされています。
■2  期・・・対象年齢 : 9歳~13歳未満(標準接種年齢9歳)
接種回数 : 1回
※接種対象年齢内であっても、接種勧奨を実施する年齢以外の者には案内書は通知されませんので、接種を希望する方は浦添市保健相談センターまでお問合せ下さい。

H29年度 日本脳炎チラシ[PDF:643KB]
【日本脳炎予防接種特例対象者について】
平成7年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれの方は特例対象者として、20歳未満までの間、1期(初回・追加)及び2期の未接種(残り回数)分を定期予防接種として行えるようになりました。
 また、平成19年4月2日生まれ~平成21年10月1日生まれの方についても特例対象者として、7歳6ヶ月未満までの間に1期(初回・追加)分の3回の接種が完了できなかった場合、未接種(残り回数)分を2期の対象年齢(9歳~13歳未満)の時期まで持ち越して、定期予防接種として接種できます。
〇平成29年度に個別通知による接種勧奨を実施する特例対象者・・・18歳 
【特例対象者の接種スケジュール】
■1期接種を一度も接種していない場合は、通常の実施方法に沿って接種を行ってください。
※通常の接種方法→1期初回接種は6日以上の間隔をおき2回、1期追加接種はその後6ヶ月以上の間隔をおいて接種する。
1期初回接種・1期追加接種が不十分な場合は、6日以上の間隔をおいて、残りの回数の接種を行って下さい。
2期接種は、1期接種を終えた9歳以上の方に行ってください。
■接種費用 :無料(全額公費負担)

(特例対象者の方へ) H29年度日本脳炎特例対象者チラシ[PDF:533KB]

 DT2期(ジフテリア・破傷風)    予診票はこちらです。⇒  DT2期予診票[PDF:985KB]

■対象年齢 : 11歳以上13歳未満(13歳の誕生日の前日まで)
■接種回数 : 1回接種 
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

H29年度 DT2期 チラシ[PDF:368KB]

 不活化ポリオワクチン    予診票はこちらです。⇒ 不活化ポリオ予診票.pdf[PDF:108KB]

■対象年齢 : 生後3月から生後90月(7歳6ヶ月)未満 

■1期初回 : 20日以上間隔をあけて3回接種 (20日から56日までの間隔をおくことが望ましいとされています)
   ※経口生ポリオを1回接種している方は、初回接種は残り2回となります。
 (詳しくは下記の★接種スケジュールについて★にてご確認下さい)
■1期追加 : 1期初回3回目接種終了後、6か月以上おいて1回接種 (12か月から18か月の間隔をおくことが望ましいとされています)
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

H29不活化ポリオワクチン チラシ[PDF:314KB]

 子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス、ガーダシル)  

■対象年齢 : 平成13年4月2日生まれ~H18年4月1日生まれの女子 12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子
■接種回数 : 3回 接種間隔
・サーバリックスの場合⇒ 1回目接種 (1ヵ月後)2回目接種 (5ヵ月後) 3回目接種
・ガーダシルの場合  ⇒ 1回目接種 (2ヵ月後)2回目接種 (4ヵ月後) 3回目接種
【注意】サーバリックスとガーダシルを交互に接種せず、必ず最初に接種したワクチンで3回接種してください。
■接種費用 : 無料(全額公費負担)

 ※平成25年6月14日に厚生労働省にて開催された専門家による審議会の結果、子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨差し控えの勧告がなされたため、現在、浦添市では接種対象者への個別通知を差し控えています。接種を希望される方は、「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」 [1,379KB] を参考に、ワクチンの有効性及び接種による副反応のリスクについて十分に理解したうえで接種を行って下さい。今後については、厚生労働省が子宮頸がんワクチン接種後の副反応症例について調査や専門家による評価を行い、積極的勧奨再開の是非を改めて判断するとのことです。新着情報が入り次第、お知らせします。

 高齢者インフルエンザ   

■対象年齢 :・65歳以上の方。 ・60~65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器もしくは免疫の機能に障がいのある方 (おおむね身体障害者等級1級程度の方)

・平成30年3月31日までに65歳になる方で接種日時点で64歳の方(行政措置) 

■接種回数 : 毎年1回
■接種費用 : 自己負担金1,000円
■実施期間 : 毎年10月~翌年2月  

★流行前に免疫をつけるため、11月までには接種を済ませておきましょう。

 高齢者肺炎球菌ワクチン    予診票はこちらです⇒ H29年度 高齢者肺炎球菌予診票[PDF:276KB]

■対象年齢 : 平成29年度に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になられる方、60~65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器もしくは免疫の機能に障害のある方(おおむね身体障害者等級1級程度の方)で初めて高齢者肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)を接種される方。詳しくは⇒H29年度高齢者肺炎球菌 チラシ[PDF:695KB]
■接種回数 : 1回
 ※再接種を希望する方は、任意接種として全額自己負担での接種となります。
  なお、再接種の際は1回目の接種時と比較して副反応が発現しやすいことから、前回の接種後から少なくとも5年以上の間隔をおいて接種してください。
 
■接種費用 : 自己負担金4,000円

平成29年度 高齢者肺炎球菌予防接種実施医療機関一覧(市内)[PDF:165KB]

 

お問い合わせ

健康部 こども健康課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(直通)
FAX:098-875-1579

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート