【ROAD】14 堀 基子さん(29.9)

公開日 2017年09月07日

最終更新日 2017年12月27日

堀基子さん

お野菜たっぷりで食卓から健康に

 野菜・果物のコラムやレシピ紹介など多数の情報を発信し、自らの実践に基づくダイエット講座を展開しながら沖縄の健康長寿日本一復活を目指す女性がいます。堀基子さん(55)。 
「野菜ソムリエ」は日本野菜ソムリエ協会が認定する資格で、野菜や果物に関する知識を身につけ、その魅力を伝える野菜のスペシャリストです。 元々東京でライターとして活躍していた堀さんは、多忙な日々の中で、家族団らんの時間を大切にしたいと考えるようになり、1999年の暮れ、仕事やプライベートで何度も訪れていた沖縄への移住を決意します。移住後、仕事で食に関する取材をするうちに、沖縄ならではの個性豊かな色や形、力強い味わいの島野菜に魅了されます。島野菜との出会いをきっかけに「どうしたらその魅力を伝えられるか」と思っていた時に「野菜ソムリエ」という資格があることを知り、勉強を重ね2010年に野菜ソムリエプロの資格取得を果たします。はじめは仕事のために取得した野菜ソムリエプロの資格でしたが、この資格を生かしていくこととなる転機が堀さんに訪れます。それは甲状腺乳頭ガンの発覚でした。
 

会話中の堀さん
 

 早期発見だったこともあり手術は無事成功。その時に出会った医師から「肥満はガンのリスクを高める。再発予防のために患者さんに痩せてもらいたい。何か良い方法はないか」と相談を受けます。「自分の知識が生かせるのであれば」という思いから、2人はタッグを組み、野菜を使った簡単で美味しいレシピを新聞で紹介することに。しかし、当時体重が70キロ近くあった堀さんは「太ったままでは説得力がない」と自らの知識を生かしてダイエットを実施します。
 

丁寧に野菜の説明をする堀さん
 

 結果、6ヶ月で15キロの減量に成功した堀さんの元には「どうやって痩せたのか教えてほしい」と多くの声が寄せられるようになり、その声に応えるためにダイエット講座を始めました。「痩せると健康になるだけでなく、人生の自信を取り戻します。笑顔が変わり、人生が変わります。私ができたことは奇跡じゃない。誰にでもできます」と目を輝かせて語ります。
「私が今もこの体重を維持できているのは、二度とガンになりたくない。子どもがママが死んじゃうかもと心配をかけたくないからです。でも、辛いダイエットは続きません。旬の野菜を美味しく、楽しく、いっぱい食べて痩せられたら最高ですよね」。 これまで述べ140人が講座を受講し、合計300キロ以上のぜい肉を退治してきた堀さん。全国6万人の野菜ソムリエの頂点を極める「第6回野菜ソムリエアワード(2016)」では野菜ソムリエとしての活動の成果を優れた表現力で伝え見事銀賞を受賞しました。
 

講座参加者と記念撮影
 

 ダイエットのみならず、自分が持っている技術や知識を生かして大好きな沖縄のために役立てることはないか日々考えている堀さん。「県内だけでなく県外・海外にも沖縄の島野菜の魅力をもっと発しんしていきたいです。旬の島野菜を使い、みなさんの食卓が豊かになり健康になってもらうことが野菜ソムリエとしての一番の目的です」とその顔は意欲に満ち溢れます。堀さんたち野菜ソムリエはこれからも色鮮やかな野菜や果物で沖縄を彩り続けます。

堀 基子(ほり・もとこ)さん
 野菜ソムリエプロであり沖縄野菜プロジェクト協同組合理事を務める。アスリートフードマイスター、受験フードマイスター、ベジフルビューティーセルフアドバイザーなど多数の資格も取得し、沖縄の食と健康をサポートしている。浦添商工会議所「おきなわ浦添桑菓撰」の開発及びPRにも尽力。

 

関連ワード

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート