浦添市・ハローワーク那覇共催「保育士『見える化』求人説明・面接会」へのご来場ありがとうございました。

公開日 2017年11月01日

最終更新日 2017年11月02日

 浦添市と沖縄労働局(ハローワーク那覇)は、雇用対策協定(H28.11.11)に基づく取り組みの一環として、
「保育士『見える化』求人説明・面接会」を10月21日(土)に開催しました。当日は、台風による悪天候や駐車場の混雑という悪条件の中、来場者58人と多くの求職者の方にご参加いただきました。

見える化コーナーの設置

 説明・面接会では、初めての取組となる、保育士の(1)「働きやすさへの取組(働き方改革)」、(2)「業務負担軽減の取組」、(3)「職場の雰囲気」などを見える化した「見える化コーナー」を設置し、参加した事業主や来場した求職者のみなさんから、わかりやすいとの声を多くいただきました。

当日の様子

3
写真1.各園の見える化ボードや実際に働く保育士と話せる「見える化」コーナーの様子。


4
写真2.見える化コーナーにて各園のボードを見たり、実際に働く保育士に話を聞いている様子。 

5
写真3.ハローワークコーナーで一般求職者や学生も相談に訪れ、紹介状の交付や相談をしている様子。

6
写真4.見える化コーナーで気になったことについて、事業所ブースで具体的に相談されている様子。

 

保育士の働き方改革宣言


DSC_0018
写真5.左より、浦添市公立保育所所長会会長 吉浜真子氏、ハローワーク那覇所長 阿部誠氏、浦添市長 松本哲治、
浦添市法人保育園連絡協議会会長 比嘉哲也氏、同協議会副会長 安慶名早苗氏、同協議会書記 伊佐義智氏

 また、今回の取組と並行して、浦添市の法人保育園連絡協議会と浦添市公立保育所所長会は、「働き方改革宣言」(H29年9月25日付)を行いました。有効求人倍率が高い保育士の職業(那覇所管内の平成28年度平均有効求人倍率は保育士3.45倍、全職種1.16倍)を対象とした求人説明・面接会に、悪条件の中58人もの求職者が参加したことは、雇用条件のみではなく、「働き方改革」や「職場の雰囲気」などが仕事選びの重要な要素となっていることが考えられます。
浦添市はこれからも、市民の雇用拡大をはじめ、働く市民の誰もが仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を実感でき、安心して働ける職場環境づくりの取り組みを推進してまいります。

お問い合わせ

市民部経済観光局 産業振興課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁5階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 産業振興係(3165) 雇用創生係(3161、3162) 農林水産係(3163、3164、3167)
FAX:098-876-9467

記事へのアンケート