国民健康保険課からのお知らせ

公開日 2017年11月27日

最終更新日 2017年11月27日

国民健康保険税納付書のコンビニ取り扱い期限について

 通常の納付書は納税者の利便性を考慮し、納期限が過ぎた場合でも一定の期間(コンビニ取扱期限)内は使用できるようになっていますが、その場合は納期限後の納付の扱いとなりますので、次の点にご注意ください。

国民健康保険税を納期限を過ぎてコンビニ取扱期限内で納めた場合・・・

 (1)督促状が送付されることがある。

 (2)平成30年度の保険証更新で、郵送での交付対象世帯から外れることがある。

  ※保険証更新の郵送での交付対象世帯は滞納がなく、納期限内に納付されている世帯です。

   滞納がある世帯や納付が遅れた世帯は窓口での交付となります。(18歳未満の加入者分は郵送します。)

 ★平成29年度の納期限は納税通知書をご確認ください。

口座振替登録をされている世帯へ

 今年度より、口座振替登録世帯は、原則不要となるため納付書を同封しておりません。納付書での納付を希望される世帯や、口座からの引き落としができない(残高不足等)世帯は、お早めに国民健康保険課までご連絡ください。

低所得者世帯に係る軽減措置の拡充

 国保世帯に属する世帯主、国保加入者および旧国保被保険者(※)の総所得金額等の合計額が一定の基準額以下の場合、被保険者均等割額と世帯別平等割り額が軽減(7・5・2割)されますが、平成29年度分より下表のとおり軽減措置が拡充されます。軽減に該当する世帯は自動的に適用されますので、申請の必要はありません。ただし、所得申告をしていない場合は、軽減が適用されません。

(※)「旧国保被保険者」とは75歳の年齢到達に伴い後期高齢者医療制度へ移行したことにより、国民健康保険の資格を喪失し、当該以降日以降、継続して同一の世帯に属する者のことです。

 
区分 前年度世帯合計所得額
平成28年度(改正前) 平成29年度(改正後)
7割軽減 33万円以下 33万円以下(変更なし)
5割軽減

33万円+{(国保加入者及び旧国保被

保険者の合計人数)×26.5万円}以下

33万円+{(国保加入者及び旧国保被

保険者の合計人数)×27万円}以下

2割軽減

33万円+{(国保加入者及び旧国保被

保険者の合計人数)×48万円}以下

33万円+{(国保加入者及び旧国保被

保険者の合計人数)×49万円}以下

 猶予制度について

●換価の猶予について

 一時に納付することよにより事業継続・生活維持困難となるおそれがあり、納税について誠実な意思を有するとき。

 (※)換価とは

    差押えた財産を金銭に換えて、滞納となっている税金に充当するための強制的手続。

●徴収の猶予

 (1)納税者等がその財産につき震災、風水害、火災その他の災害を受け、又は盗難にあったとき。

 (2)納税者等又は、これらの者と生計を一にする親族が病気にかかり、又は負傷したとき。

 (3)納税者等がその事業を廃止し、又は休止したとき。

 (4)納税者等がその事業につき著しい損失を受けたとき。

 (5)上記に類する事実があったとき。

●提出する書類について

 (1)「換価の猶予申請書」又は「徴収の猶予申請書」

 (2)財産収支状況書

 (3)財産目録

 (4)担保の提供に関する書類(税額50万円を超え、かつ6月を超える猶予の場合)

   (※)特別な事情がある場合は、担保の提供は必要ありません。

●申請期限

 換価の猶予・・・納期限から6月以内とします。

 徴収の猶予・・・申請期限はありませんが、猶予を受けようとする期間より前に申請してください。

●猶予期間と分割納付

 猶予を受けることができる期間は、申請者の財産状況に応じて、合理的に国民健康保険税を完納することができると認められる期間に限ります。

 なお、猶予を受けた国民健康保険税は、原則として猶予期間中に分割して納付する必要があります。

 国民健康保険税を納期限までに納付できない場合は、お早めに国民健康保険課までご相談ください。

関連ワード

お問い合わせ

福祉健康部 国民健康保険課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 国保税第1・2係(3724) 給付係(3713、3714、3715、3726)長寿いきいき係(3712、3727) 庶務係(3711)
FAX:098-874-5030

記事へのアンケート