不発弾の磁気探査には補助制度があります

公開日 2019年05月21日

最終更新日 2019年05月21日

不発弾処理の補助事業

 沖縄県は次の2種類の不発弾磁気探査の補助事業を実施しています。

 沖縄県作成のパンフレットも参考にしてください。
 パンフレット[PDF:4MB]

補助事業フロー図

 

沖縄県住宅等開発磁気探査事業

 沖縄県では、民間工事での不発弾等の発見・処理を進めるため、「住宅等開発磁気探査支援事業」を行っています。浦添市では、当該事業の受付を行っています。

流れ

 補助金交付決定までの大まかな流れは次の通りです。

  1. 申請予定票の記入・提出
    申請予定票の提出先は浦添市役所3階防災危機管理室窓口です。
    後日、受付票に記載されている連絡先に沖縄県の担当者が連絡します。

  2. 必要書類の準備
    沖縄県担当者が書類作成の助言を行います。
    補助金交付申請書、建築予定地案内図、建築図面、現況写真、磁気探査見積書(最新の沖縄県入札参加資格者登録名簿の磁気調査に登録されているコンサルタント業者の中から見積徴収)、土地登記簿・公図の写しなど、民間工事予定地であることの確認資料(建築確認済証・開発行為許可通知書の写し)

  3. 申請書類の作成、県への提出

  4. 補助金の交付決定

対象

 沖縄県内の住宅等建設予定地において、磁気探査を行おうとする住民や事業者等の建築主

注意事項

 申請書類提出後、磁気探査実施までに約1か月程度かかるため、沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業要綱等を事前に十分確認し、早めに申請の準備をしてください。
 事業に係る不明な点は、沖縄県に確認ください。

探査費用

 原則、費用負担はありません。

受付期間

 常時受け付けています。
 ただし、予算の範囲内において実施するため、工事予定等がある場合は早めに申請してください。

申請書類等

 沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業要綱[PDF:80KB]

 沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業要領[PDF:94KB]

 申請予定票[PDF:186KB]

 沖縄県の磁気探査支援事業紹介ページはこちら(※申請様式などもあります)

事業に関するお問い合わせ

 沖縄県知事公室防災危機管理課不発弾対策班 TEL (098)866-2143

申し込み先

 浦添市役所(3F)防災危機管理室

不発弾の例

 

沖縄県広域探査発掘加速化事業

 平成31年度不発弾等探査要望箇所調査(第2回)を募集しています。
 令和元年7月12日(金)まで

 沖縄県では、民間地の不発弾等の発見・処理を進めるため、「沖縄県広域探査発掘加速化事業」を行っています。浦添市では、当該事業の受付を行っています。

日程

今後のスケジュール

事項

開始

終了

探査要望箇所調査

平成31年4月下旬

令和元年7月上旬

要望箇所選定(国・県・協議会)

令和元年7年下旬

令和元年8月

補助金交付申請(測量試験)

令和元年8月

令和元年8月

測量土質調査

令和元年10月

令和元年11月

補助金交付申請(探査)

令和2年4月

令和2年4月

探査・発掘

令和2年6月

令和2年9月

対象

 次の【1】、【2】の条件をクリアしているものが対象となります。

【1】 探査予定面積が100平方メートルを超えること。
【2】 地主及び耕作人が不発弾等の調査・探査・発掘工事に同意(同意書を添付)していること。

 ※提出に際し、以下に注意してください

  1. 民間地であり、上記【1】、【2】を満たしている場合は要望可能でありますが、不発弾等が埋没している可能性の高い地域を優先に、緊急性、各地域のバランス、人口密度、公共施設等への隣接等を考慮し、予算の範囲内で探査・発掘事業を実施するため、要望しても探査を実施することができないことがあります。

  2. 要望された箇所を調査した結果、将来公共工事等が予定されている箇所、地すべりが予想される箇所、急傾斜地(がけ)等の探査難渋箇所、及び付近に構造物(住居等)が存在し、探査を実施する際に影響がある箇所等については、探査が実施できないことがあります。

  3. 特に構造物等の予定箇所では、可能な限り計画の段階から探査の範囲及び方法などについて県と調整をお願いします。

  4. 平成31年度内で探査・発掘箇所に選定された場合は、土地の調査終了後に探査を実施します。

注意事項

  1. 土地改良や他事業計画地についての磁気探査はできません。

  2. 過去に磁気探査事業を実施した箇所は、磁気探査できません。

  3. 森林区域に指定されている箇所は調整によっては磁気探査できない場合があります。
    ※伐採届出などの手続きは所有者にやって頂くことになります。

  4. 伐採や伐採殻の処分費については、所有者負担となります。
    ※県が伐採できる範囲はバックホウで土砂の掘削が支障にならない程度。

  5. 探査工事後の余分な土の処分は所有者負担となります。

  6. 当該土地に存在する廃棄物や掘削等で出た廃棄物の処分費については、所有者負担となります。

  7. ビニールハウスなど造物がある場合は、撤去した上で要望をお願いします。

  8. 地滑りが予想される箇所や傾斜地は、磁気探査が実施できないことがあります。

  9. スプリンクラーが設置されている箇所は、地中に管が埋まっているため要望面積の一部また全て探査できないことがあります。

  10. 川や海が隣接している場合は、赤土流出の恐れがあり磁気探査できないことがあります。

  11. 要望箇所は、土地の測量や土質調査を行うため、実施までは1年程度要します。

  12. 個人や事業者等の建築予定地や開発行為許可を要するもの(ソーラーパネルなど)は、住宅等開発磁気探査支援事業で受け付けます。

探査費用

 原則、費用負担はありません。

受付期間

 令和元年7月12日(金)17:00まで

申請書類等

 要望箇所記入様式[XLSX:15KB]

 様式4同意書[XLSX:22KB]

事業に関するお問い合わせ

 沖縄県知事公室防災危機管理課不発弾対策班 TEL (098)866-2143

申し込み先

 浦添市役所(3F)防災危機管理室 TEL (098)876-1234(内線2021)

簡易探査 水平探査

関連ワード

お問い合わせ

総務部 防災危機管理室
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁3階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 2020、2021
FAX:098-879-0290

記事へのアンケート