平成30年度 高齢者肺炎球菌のお知らせ

公開日 2018年04月01日

最終更新日 2018年09月18日

浦添市では予防接種法に基づき、高齢者肺炎球菌予防接種の接種費用の一部公費助成を行っています。

  対象者には案内書及び予診票(紫色)を平成30年4月上旬に送付しています。接種を受ける前に必ずご覧ください。

 高齢者肺炎球菌予防接種は、主に個人予防目的のために行うものであることから、本人の希望により受けていただく予防接種です。接種を行う前にかかりつけ医師と相談し、予防効果や副反応等について十分理解したうえで、本人の判断で接種を希望する場合に接種を行ってください。

 

平成30年度

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間の定期接種対象者について

今年度(平成30年度)の対象者は、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方となります。なお、平成27年度から平成30年度までの間は、その年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方が対象となり、平成31年度からは、接種日当日に65歳である方が対象となります。

今年度に以下の年齢になる方が定期接種の対象となります。

65歳

昭和28年4月2日 ~ 昭和29年4月1日生まれの方

70歳

昭和23年4月2日 ~ 昭和24年4月1日生まれの方

75歳

昭和18年4月2日 ~ 昭和19年4月1日生まれの方

80歳

昭和13年4月2日 ~ 昭和14年4月1日生まれの方

85歳

昭和8年4月2日 ~ 昭和9年4月1日生まれの方

90歳

昭和3年4月2日 ~ 昭和4年4月1日生まれの方

95歳

大正12年4月2日 ~ 大正13年4月1日生まれの方

100歳

大正7年4月2日 ~ 大正8年4月1日生まれの方
60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方。

 

接種希望者は、以下の説明をよく読み、医療機関に電話予約した後、予診票及び接種費用を持参して接種を受けるようお願いいたします。

接種回数

1回                      

  ※一部公費助成での接種は、1人につき1回限りです。

  ※2回目以降の接種を希望する方は、1回目に比べて接種後の副反応(接種部位の痛みや腫れ等)が強く出るといわれているため、5年間以上の十分な間隔をおいて慎重に接種して下さい。

なお、接種にかかる費用は全額自己負担(およそ8,000円程度)となります。

自己負担額

4,000円
生活保護受給者又は中国残留邦人等支援給付受給者の方は、接種を受ける前に浦添市役所保護課で「生活保護受給者証明書」 又は 「中国残留邦人等自立支援給付受給者証明書」を発行してもらい、接種を受ける際に医療機関へ持参し窓口へ提示した場合、市が接種費用を全額公費負担します。

接種場所

市内指定医療機関 又は 本島内の地区医師会会員医療機関(要予約)

平成30年度 高齢者肺炎球菌予防接種実施医療機関一覧[PDF:163KB]

※県外や離島、入所先の施設等で接種を希望する方は、事前に申請が必要です。詳しくは、浦添市保健相談センターまでお問い合わせください。

医療機関へ持参するもの

・予診票(紫色)及び接種費用

浦添市では予防接種の対象者へ予診票を通知する際、予防接種の接種方法や予防効果、予防できる病気についての説明チラシを同封しています。

接種前に必ずご覧ください。⇒ H30年度 高齢者肺炎球菌チラシ[PDF:515KB]

お問い合わせ

福祉健康部 健康づくり課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(直通)
FAX:098-875-1579

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート