平成30年4月から介護保険制度が変わります!!

公開日 2018年06月07日

最終更新日 2018年06月07日

介護保険料が変わります

 介護保険料は三年ごとに設定することになっています。市の介護保険サービスに必要な費用から算出し、所得に応じて段階的に決められます。平成32年度までの保険料は下図のとおりです。

介護保険料所得段階一覧表

 

介護保険制度のしくみ

 介護保険は、国や都道府県、市町村が負担する「公費」と、40歳以上の方が納める「保険料」を財源として運営されています。浦添市が保険者となって運営し、40歳以上の方は、加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要と認定されたときに費用の一部を支払ってサービスを利用できるしくみです。

 

費用負担割合の変更

 介護保険法の改正により、平成30年度からの保険料の負担割合が

・第1号被保険者(65歳以上)   22%→23%

・第2号被保険者(40歳~64歳)  28%→27%

 に変更になりました。

 

浦添市の介護保険料

 浦添市では国が定める標準所得段階である9段階を、引き続き12段階とすることで、被保険者の負担能力に応じたより細やかな所得段階及び保険料率を設定しました。

保険料の納め方は2種類

 65歳になった月(65歳の誕生日の前日が属する月)の分から、保険料を納めます。年金から保険料が差し引かれるまでは一時的に納付書で納めます。

 ○特別徴収 年金が年額18万円以上の人⇒年金から差し引かれます。

       年金の定期支払い(年6回)の際、年金から保険料があらかじめ差し引かれます。
 

 ○普通徴収 年金が年額18万円未満の人⇒納付書や口座振替で納めます。 

       市から送付されてくる納付書や口座振替で、期日までに金融機関などを通じて

       年10回(6月~翌年3月)で保険料を納めます。

   

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉健康部 いきいき高齢支援課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁1階)
TEL:098-876-1234(代表):管理係(3581~3583)、給付係(3594・3593)、給付適正化(3592・3595)、認定係(3587・3588)、認定調査員(3584~3586・3589)、予防支援係(3531~3534)、在宅支援係(3541~3543)、高齢福祉係(3546・3567)
FAX:098-876-5011

記事へのアンケート