建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全について

公開日 2018年06月29日

最終更新日 2018年06月29日

平成30年6月18日に大阪府北部を震源として最大震度6弱の地震により、ブロック塀の倒壊による痛ましい事故が発生しました。

また、過去に発生した地震でもブロック塀の倒壊が原因で多数の死者や負傷者が発生しております。

これを受け、国土交通省より、公共の建築のみならず、広く一般の建築物を対象に、既存の塀について、

所有者等に向け下記内容の注意喚起を行うよう要請がありました。

ブロック塀の点検チェックポイントブロック塀点検[PDF:252KB]を用いて、安全点検を行うこと。
②安全点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示等及び補修、撤去等が必要となること。

また、特定非営利活動法人沖縄県建築設計サポートセンターより、県内で既存ブロック塀の安全性の調査を行いたい方に向けて、

誰でも簡単にできる既存ブロック塀の調査方法が公開されました。

調査方法の詳細や、鉄筋の有無を調べることができる探査機の貸し出しは、沖縄県建築設計サポートセンターまでお問合せください。

関連情報(外部サイトリンク)

(国土交通省)建築物の塀(ブロック塀や組積造)の安全点検等について

(沖縄県建築設計サポートセンター)既存ブロック塀についての情報を公開しました。

関連ワード

お問い合わせ

都市建設部 建築指導課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁5階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 4611、4612、4613、4614
FAX:098-876-7071

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート