民間事業者みなさまからのアイディア募集(平成30年度募集分)=浦添市FM施策に関する民間提案制度=

公開日 2018年11月12日

最終更新日 2018年11月12日

FM施策に関する民間提案制度とは
 浦添市では、本市が所有または管理する資産(土地、建物、建築物、設備等)とその環境を最適な状態(最小の経費で最大の効果)で保有し、活用し、運営し、維持するための総合的な資産経営を行うファシリティマネジメント(以下「公共FM」といいます。)を推進しています。
 浦添市FM施策に関する民間提案制度(以下「民間提案制度」といいます。)は、市有施設等の整備や維持管理、その他の公共FMに関する事業において、PPP(公民連携)を取り入れることで、民間の創意工夫等を最大限活用し、市民サービスの向上、地域経済の活性化及び財政負担の軽減等を目的に民間から事業提案を募集し事業化する制度です。
 採用された事業提案の提案者は、交渉権者となり事業化に向けた諸条件について詳細協議を進め、予算措置を含めて協議が整った場合に事業実施者として本市と契約を締結します。

 

平成30年度 民間提案募集要項(概要) ※詳細は、実施要項をご確認ください。

 提案募集の対象事業

No 事業名 事業の目的 事業化の条件等
30-1 自由提案型
公共FM推進事業
【対象施設】
・市庁舎及び敷地

 公共FM施策に関する自由提案を募集し、資産の有効活用と図る。
【想定している事業】
・駐車場の有効活用
・施設内サイン整備(施設内の窓口案内表示等)
・広告掲載
・余剰スペースの有効活用 など

・既に採用された民間提案に関する事業でないこと。
・市の事務事業に支障のない提案であること。
・新たな本市の費用負担が生じないこと。(ただし、広告収入等で財源を創出する提案や現行予算の流用は可)
・単に自社製品等の斡旋や既存事業を安価に受託しようとする提案でないこと。
30-2 庁用車包括管理委託事業  庁用車の包括的な管理運営業務を委託する。 ・現行業務をそのまま受託する提案でないこと。
・新たな本市の費用負担が生じないこと。(ただし、カーシュアリングや広告収入等で財源を創出する提案や現行予算の流用は可)
30-3 浦添市産業振興センター・結の街
省エネ設備更新事業
 老朽化した空調設備等を更新し、Co2排出抑制を図る。 ・民間資金を活用する提案であること。
・財政負担の軽減や平準化が図れること。
30-4 浦添市てだこホール
省エネ設備推進事業
 設備の保守・運転管理をはじめ、公有資産のエネルギーサービスの包括的な提供を図る。 ・財政負担の軽減や平準化が図れること。
・ESCO事業又は省エネ補助金活用等を含めた提案であること。
30-5 浦添市てだこホール
空きスペース有効活用事業
 施設の利用頻度の低いスペースの有効活用を図る。
【想定する場所】
 小ホール棟、生涯学習棟1階・2階、中庭テラス、市民サロン、楽屋棟、屋上スタンド
【想定している事業】
 コンビニ、カフェ、ビアガーデン、花屋などの設置運営
・賃貸借契約を締結すること。
・本市の費用負担が生じないこと。

 提案者の要件
 提案者は、自ら提案した内容を的確に遂行する意思と能力を有するとともに、民間提案制度の目的を達成する意思を持つ民間企業、NPO法人等の法人、任意団体とし、個人は除きます。

 実施スケジュール

制度及び事業に関する質問受付 平成30年11月12日(月)~ 12月14日(金)
簡易提案書の受付期間 平成30年11月12日(月)~ 12月27日(木)
ヒアリング 平成31年1月中旬
提案事業の採択決定
※必要に応じて協定書締結
平成31年1月下旬
企画提案書の提出期限 平成31年2月上旬
詳細協議 平成31年2月~
事業化の決定 平成31年4月1日以降

4 募集要項・応募様式等
 平成30年度FM施策に関する民間提案実施要項[PDF:1MB]
 応募様式集[DOCX:25KB]
 平成30年度民間提案募集概要[PDF:682KB]

【関連情報】
 ○浦添市産業振興センター・結の街 HP
 ○浦添市てだこホール HP
 ○平成29年度民間提案の審査結果について
 ○浦添市公共FMに推進について

 このページに関するお問合せ
 浦添市 財産管理課 民間提案制度担当
 電話:098-876-1234(内線2011)
 Eメール:zaisankanri@city.urasoe.lg.jp

地図

民間提案対象施設の位置図

お問い合わせ

財務部 財産管理課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁8階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 2014、2017

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート