☆南米からのおたより☆2月号【ペルー】

公開日 2019年02月12日

最終更新日 2019年02月13日

南米移住者子弟研修生受入事業で研修を終了した研修生からおたよりが届きました。
過去のバックナンバーはこちらから → ☆南米からのおたより☆バックナンバー

ペルーでの日本移民の博物館

 

2018年度南米移住者子弟研修生
与座 ナタリア(ペルー)

 

皆さん、ハイタイ!今年はペルー日本移民120周年記念の年です。なので、ペルーの日本移民博物館について、紹介したいと思います。ペルーの日本移民博物館は、ペルー日系人協会の中にあり、1981年に建てられました。

この博物館には、常設展示と企画展示があります。常設展示には、パネルに移住者の昔の写真や年表などが掲示されており、ペルーにおける日本移民の歴史について、詳しく説明されています。移住者がペルーに到着した時のことや初めて働いたこと、世界大戦や現在の日系人についても学ぶことができます。現在、ペルーの日系人はペルー社会に統合されていますが、それでも日本の伝統は守られ、大切に継承されています。

博物館の企画展示には日系人協会の周年記念の展示があります。たとえば、去年はペルー熊本県人会の115周年記念でしたので、その展示がされていました。

ペルー移住者が日本本土から移民した日付と沖縄から移民した日付は異なります。日本本土からは、1899年に佐倉丸で790人の移住者がペルーに到着し、その後1906年厳島丸で36人の沖縄移住者がペルーに到着しています。

ちなみに、日本外務省によると、現在ペルーには約100,000人の日系人が暮らしており、そして、ペルー沖縄県人会によると、沖縄の子孫はその70%を占めているそうです。

移住者かばん


移住者のかばん・ペルー日本移民博物館

 

農場


移民者は農場で働き始めました

 

ビジネス


移住者は小さい店やビジネスなどをしていました

 

りまにっこ


1920年 移住者の子どものため「LIMA NIKKO」と言う日系人学校が創立されました

 

楽器


ペルー日本移民博物館に楽器(沖縄の三線とか箏とか尺八など)が展示されています。

 

 

【スペイン語】

Museo de la Inmigración Japonesa al Perú

 

¡Hola a todos! Este año, se celebrarán los 120 años de inmigración japonesa al Perú. Por eso, quería hablarles un poco acerca del Museo de la Inmigración Japonesa al Perú. Este museo se encuentra dentro del Centro Cultural Peruano Japonés. El museo fue fundado en 1981.

El museo incluye una exhibición permanente y una temporal. En la exhibición permanente, se muestran paneles, fotos y cronologías que explican la historia de la inmigración japonesa, desde la llegada de los inmigrantes, sus primeros trabajos en la agricultura, así como la Primera y Segunda Guerra Mundial y cómo ello afectó en Perú, hasta la época actual, en la que los nikkei nos encontramos integrados a la sociedad peruana, pero a la vez mantenemos tradiciones de Japón.

En la exhibición temporal, se muestran exposiciones acerca de algún tópico en particular o, en caso de que alguna asociación de la colectividad nikkei celebre algún aniversario, se realiza una muestra especial. Por ejemplo, el año pasado se celebraron los 115 años de inmigración de Kumamoto a Perú, por lo que hubo una exhibición temporal en el museo.

La inmigración japonesa a Perú empezó en 1899, cuando llegaron 790 inmigrantes japoneses a bordo del Sakura Maru. La inmigración okinawense a Perú empezó en 1906, cuando llegaron 36 inmigrantes okinawenses en el Itsukushima Maru.

Actualmente, se estima que habrían 100 000 descendientes de japoneses en Perú, según el Ministerio de Relaciones Exteriores de Japón. Según la Asociación Okinawense del Perú, los descendientes de okinawenses en Perú constituirían el 70% de la comunidad nikkei en Perú.


 

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):国際交流係(2611・2612) 広報広聴係(2613・2614)

記事へのアンケート