令和2年度 こどもの定期予防接種のご案内

公開日 2020年07月31日

最終更新日 2020年08月04日

令和2年度 こどもの定期予防接種のご案内

生後2か月から定期予防接種がはじまります

【予防接種とは】

 予防接種の役割は、「ワクチン」とよばれる「免疫をつくる種(たね)」を注射したり皮膚につけたりして意図的に体内に病原菌を取り込み、その病気に対する免疫力をつくるものです。

【定期接種と任意接種】

・定期接種とは、予防接種法によって対象疾病、対象者及び接種期間などが定められたもので、公費負担で受けることができます(対象年齢を超えた場合は、原則、自己負担での接種になります)。

・任意接種とは、定期接種以外のもの。個人の希望により受ける予防接種で、全額自己負担となります。

【定期接種の種類と対象月齢】

各予防接種についての詳しい内容(予防する疾病や接種間隔、副反応など)は、添付してあるチラシをご確認ください。

予防接種名 予防する病気 接種回数(接種間隔) 対象年齢(標準的な接種時期)

B型肝炎

B型肝炎チラシ[PDF:398KB]

B型肝炎予診票[PDF:278KB]

B型肝炎

初回2回(1回目から2回目は27日以上あける)

1歳未満(生後2か月から生後9か月に至る間)

追加1回(第1回目の接種から139日以上あける)

ヒブ

ヒブワクチン チラシ[PDF:650KB]

ヒブ予診票[PDF:301KB]

インフルエンザ菌b型による気管支炎、髄膜炎、肺炎など

初回3回(27日~56日までの間隔をあけて3回)

生後2か月~5歳未満(生後2か月~7か月に至る間)

追加1回(初回の3回目終了後、7か月~13か月の間隔をあけて1回) 生後2か月~5歳未満(初回の3回目終了後、7か月~13か月に至る間)

小児用肺炎球菌

小児用肺炎球菌チラシ[PDF:620KB]

小児用肺炎球菌予診票[PDF:300KB]

肺炎球菌による中耳炎、細菌性髄膜炎、肺炎など

初回3回(27日以上の間隔をあけて3回)

生後2か月~5歳未満(生後2か月~7か月に至る間)

追加1回(初回の3回目終了後、60日以上に間隔をあけて1回) 生後2か月~5歳未満(生後12か月~15か月に至る間)

四種混合

4種混合ワクチンチラシ[PDF:480KB]

4種混合予診票[PDF:323KB]

・ジフテリア

・百日せき

・破傷風

・ポリオ

初回3回(20日~56日までの間隔をあけて3回)

生後3か月~7歳6か月未満(生後3か月~12か月に至る間)

追加1回(1期初回の3回目終了後、6か月以上の間隔をあけて1回) 生後3か月~7歳6か月未満(1期初回の3回目終了後、12か月~18か月に至る間)

BCG

BCGチラシ[PDF:399KB]

BCG予診票[PDF:265KB]

結核 1回 生後1歳未満(生後5か月~8か月の時期)

MR(麻しん、風しん)

 MR1期チラシ[PDF:478KB]

MR1期予診票[PDF:272KB]

MR2期チラシ[PDF:2MB

MR2期予診票[PDF:1MB]

・麻しん(はしか)

・風しん

1期1回 1歳~2歳未満
2期1回 小学校就学前の1年間

水痘

水痘チラシ[PDF:394KB]

水痘予診票[PDF:1MB]

水痘 2回(初回接種終了後、3か月以上の間隔をあけて1回) 生後1歳~3歳未満(初回接種終了後、6か月~12か月に至る間)

日本脳炎

日本脳炎チラシ[PDF:643KB]

日本脳炎予診票[PDF:280KB]

日本脳炎 1期初回 2回(6~28日までの間隔をあけて2回) 生後6か月~7歳6か月未満(3歳)
1期追加 1回(1期初回の2回目終了後、概ね1年の間隔をあけて1回) 生後6か月~7歳6か月未満(4歳)
2期 1回 9歳以上13歳未満(9歳)

DT

 DT2期 チラシ[PDF:475KB]

DT2期予診票[PDF:264KB]

・ジフテリア

・破傷風

2期 1回 11歳以上13歳未満(11歳)

 

日本脳炎特例対象者

日本脳炎特例対象者チラシ

日本脳炎

接種間隔、接種回数等の詳しい情報は、日本脳炎特例対象者チラシを参照して下さい。

※日本脳炎については、平成17年度~平成21年度までの接種勧奨差し控えにより、

日本脳炎予防接種を受けられなかった方については、定期接種の期間を確保するための特例措置があります。

平成7年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれの方は特例対象者として、20歳未満までの間、1期(初回・追加)及び2期の未接種(残り回数)分を、

平成19年4月2日生まれ~平成21年10月1日生まれの方については、7歳6ヶ月未満までの間に1期(初回・追加)分の3回の接種が完了できなかった場合、

未接種(残り回数)分を2期の対象年齢(9歳~13歳未満)の時期まで持ち越して、定期予防接種として接種できます。

不明な点がございましたら、保健相談センターへお問い合わせください。

 その他、定期接種として、DPT、不活化ポリオワクチン、子宮頸がん予防ワクチンがあります。7歳6か月未満でDPTや不活化ポリオワクチンが完了していない方(4種混合ワクチンを接種している方は、必要ありません)は、保健相談センターへお問い合わせください。

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年6月14日に厚生労働省にて開催された専門家による審議会の結果、子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨差し控えの勧告がなされたため、現在、浦添市では接種対象者への個別通知を差し控えています接種を希望される方は、「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(平成30年1月版)」 [1,379KB] を参考に、ワクチンの有効性及び接種による副反応のリスクについて十分に理解したうえで接種を行って下さい。今後については、厚生労働省が子宮頸がんワクチン接種後の副反応症例について調査や専門家による評価を行い、積極的勧奨再開の是非を改めて判断するとのことです。新着情報が入り次第、お知らせします。

予防接種は、指定医療機関において実施しています。事前に予約をし、親子(母子)健康手帳を持参してうけましょう。

R2 医療機関一覧[PDF:158KB]

予防接種の注意事項も必ず確認してください。⇒予防接種注意事項チラシ[PDF:298KB]

 

お問い合わせ

福祉健康部 健康づくり課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(健康対策係、健診係、予防係)
FAX:098-875-1579

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート