オトナのお酒の楽しみ方

公開日 2019年08月06日

最終更新日 2019年08月06日

お酒の楽しみ方

自分もまわりも楽しいお酒にするには、6つのポイントをしっかり守ることが大切です。

 

ポイント1 適量できりあげる

ビール1本でも、体での処理は3時間かかります。

 

food_vegetable_sald (1)

ポイント2 食べながら飲む

肉や魚、野菜を摂りながら胃を守り、お酒の吸収を抑えて肝臓の負担を軽くします。

からあげなど脂っこいものを選びがちなおつまみですが、意識して野菜などを多めにとるようにしましょう。

 

ポイント3 強いお酒は薄めて飲む

強いお酒は胃を刺激し、胃炎や十二指腸潰瘍の原因となります。

 

ポイント4 週2日は休肝日をとる

kyukanbi

肝臓の修復する時間を十分にとりましょう。肝臓をお酒から開放する、思いやりの心を持ちましょう。

節酒カレンダー(アプリもあります。)などをつけてみましょう。

 

ポイント5 定期健診を必ずうける

肝臓は沈黙の臓器。肝機能の状態を調べるために、定期健診が必要です。(特定健診のご案内

 

ポイント6 薬といっしょに飲まない!

肝臓は、アルコールの処理を先にします。薬は体に残り、副作用が増大します。肝臓に負担をかけないように。

 

お酒の適量ってどのくらい?

 健康に悪影響を及ぼすことのないお酒の適量は、飲んだお酒の量ではなく、飲んだお酒に含まれる純アルコール量を基準とします。

 

飲酒量の目安

1日あたり純アルコール量 男性:20g 女性:10g

適正飲酒量

■アルコールに弱い人・・・無理して飲んではいけません。

女性、高齢者、お酒を飲む習慣のない人、すぐ顔が赤くなる人。(日本人の40%は、アルコール分解力が低い体質です。)路上寝込みや記憶がなくなったことがある人など。

■飲んではいけない人・・・すすめてもいけません。

未成年、妊婦・授乳中、アルコール依存症の人など。

身体や脳の成長期である未成年も、影響が大きいため、飲んではいけません。

 

お酒の飲み過ぎに気を付けましょう

お酒の飲みすぎ「多量飲酒」とは、適正飲酒量の3倍にあたる純アルコール60g以上の飲酒のこと。

身体的影響:肝障害(アルコール性肝疾患・脂肪肝など)、消化器がん、脳卒中、糖尿病など

精神的影響:アルコール依存症

社会的影響:飲酒運転など

 

gaman_osake

多量飲酒になりやすい飲み方

ストレスをお酒で紛らわそうとする、寝酒・晩酌、迎え酒などの習慣がある人は要注意!

お酒でトラブルになるほどの飲み方をするときは、依存症になっている可能性があります。依存症は病気です。浦添市保健相談センターでは、アルコール依存症の相談をしていますので、一人で悩まず相談しましょう。断酒会も案内しています。

 

お酒を飲んだ翌日の過ごし方

純アルコール量20g(ビールびん1本)を分解するのに、約3時間かかります。酔いが覚めたと感じても、分解のため、肝臓はまだ働いています。(お酒は抜けていません。)

また、脱水を促進するので、心臓や血圧に影響があります。

 

お姫様2

夜遅くまで飲んだときや多量飲酒の翌日は、お酒は抜けていません。

※アルコールが分解されるまで、水分を充分にとり、運動やサウナは控えて、ゆっくり過ごしましょう。

※脳への影響(判断力が鈍くなる・眠たくなるなど)も、まだ回復していません。

※多量飲酒の翌日は、「飲酒運転」に要注意!

 

 

関連サイト

沖縄県のアルコール対策(適正飲酒の普及啓発)健康おきなわ21

お問い合わせ

福祉健康部 健康づくり課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(直通)
FAX:098-875-1579

記事へのアンケート