防ごう!熱中症!

公開日 2019年07月02日

最終更新日 2019年07月02日

熱中症とは

熱中症とは熱によって起こる様々な体の不調のことをいいます。暑さによって、体温の調節機能が働かなくなり、体内の水分量・塩分量(ナトリウムなど)のバランスが崩れたりすることが原因です。体温上昇、めまい、体がだるいなど様々な状況を引き起こし、ひどいときには意識がなくなるなど命にかかわる状況になるともあります。

元来、日本の夏は気温も湿度も高いことに加え、近年は都市化による緑地や水面の減少等から気温が30度超える日が増えたり、熱帯夜が増加したことにより、屋外だけでなく、室内等の日常生活による発生も増加しています。

熱中症に対する知識を深め、熱中症を予防しましょう!

要因

熱中症は「環境」と「からだの状態」の要因が重なったときに起こりやすくなると考えられています。

注意が必要な時期は、梅雨が明けてすぐ、しばらく涼しい時期が続いた後、急激に熱くなった日などです。

注意が必要な場所とは、運動場やプール、海など強い日差しが当たる屋外や駐車場に停めた車の中、気密性の高いマンションの最上階などです。近年は室内での熱中症が増えています。

 

なりやすい人

特に高齢者や乳幼児は体温調節機能の衰え・未熟なことが原因で体内に熱がこもりやすかったり、熱さが自覚しづらいことがあるため熱中症になるリスクが高いといえます。

また、子供は身長が低く、地面との距離が近いため照り返しによる熱の影響を受けやすいことも原因です。

 

重症度新

熱中症は軽い症状から命にかかわるものまで段階的に症状があります。

熱中症かな、と感じたら涼しい環境へ避難し、衣服を緩め冷却(わきの下や足の付け根、首などが効果的です)し、水分や塩分を補給してください。

自力で水分が取れない、意識がはっきりしないようであればすぐに医療機関へ!!

 

こえかけ

熱中症は予防法を知っておけば防ぐことができます。

 

周りで声を掛け合い、お互いに「こえかけ」をすることで熱中症を防ぎましょう!

こ・・・「こまめな水分補給」たくさん汗をかくときは水分と塩分を補給しましょう。ただし、スポーツ飲料やイオン飲料を日常的にとるのは、糖分と塩分の取りすぎになるので注意が必要です。通常の水分補給は、水や麦茶が良いです。

え・・・「炎天下を避けよう」炎天下での長時間の作業、海水浴は避けましょう。散歩はなるべく涼しい時間帯で長時間にならないようにしましょう。

か・・・「風通しを良く」クーラーや扇風機を上手に活用して熱を逃がす工夫をしましょう。「夏は暑いもんだ」などと我慢をすることは禁物です。

け・・・「健康管理」睡眠・栄養はしっかり取りましょう。普段から適度な運動で暑さに負けない体をつくりましょう。

 

熱中症についての詳細は下記URLにもあります

沖縄県 https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/chiikihoken/shippei/heatflyer/heat.html

環境省熱中症予防情報サイト http://www.wbgt.env.go.jp/

厚生労働省 熱中症関連情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/index.html

総務省消防庁 熱中症情報 https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html

 

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

福祉健康部 健康づくり課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(直通)
FAX:098-875-1579

記事へのアンケート