改正された健康増進法が、2020年4月1日より前面施行されます。

公開日 2019年07月02日

最終更新日 2020年02月26日

2019年1月に屋外での喫煙に配慮が求められるようになり、7月には病院・学校・児童福祉施設・行政機関の庁舎などが「敷地内禁煙」となりました。さらに、2020年4月の全面施行により、飲食店やオフィス、事業所、交通機関などの施設が「原則屋内禁煙」となります。 

受動喫煙とは、喫煙者の周りにいる人が、自分の意志に反してタバコの煙を吸ってしまうことです。受動喫煙により亡くなる人は年間1万5.000人と推計されます。その健康リスクは科学的に証明されており、脳卒中・虚血性心疾患・肺がんなどの病気になり死に至ります。(喫煙の健康影響に関する検討会報告書「喫煙と健康」より) 

000

★喫煙可能設置に関する相談は、施設の住所を管轄する保健所へご相談ください

 詳細は下記関連サイトもご確認下さい。

    ★沖縄県 たばこ対策

 ★厚生労働省「なくそう!望まない受動喫煙。マナーからルールへ」 

 ★厚生労働省「受動喫煙対策」

 ★厚生労働省「たばこと健康に関する情報ページ」

 ★厚生労働省の最新たばこ情報

たばこを吸うときは、確認してから

1)健康増進法の改正で、以前は喫煙できた場所が、禁煙になっている可能性があります。

 たばこを吸うときは、喫煙できる場所か確認しましょう。

2)たばこは、喫煙者だけでなく、煙を吸う周りの人の健康も害することもわかっています。

 たばこを吸うときは、周りに人がいないことを確認してからにしましょう。

禁煙チャレンジしませんか?  

喫煙は病気 大半の喫煙者は「やめたくてもやめられない」  禁煙が難しいのは、ニコチン濃度が低下するときに禁断症状(イライラ感)があるからです。このときたばこを吸うと脳のニコチンを感じる細胞が刺激されて、多幸感をもたらすドーパミンが分泌されるので、たばこでストレスが解消したと勘違いしてしまいます。今は、薬でニコチンによる離脱症状を抑えることで、比較的楽に禁煙できるようになりました。「禁煙してみようかな~」と思ったら、一度禁煙外来を利用してみてはいかがでしょうか。

沖縄県内の禁煙治療に医療保険が使える医療機関 沖縄県ホームページより

  ★南部保健所管内、pdf(92KB)

  ★那覇市保健所管内、pdf(78KB)

  ★中部保健所管内、pdf(87KB)

    ※禁煙外来の医療保険適応は、個人によって条件が異なります。

    ※受診する前には、必ず各医療機関へ直接お問い合わせください。

  禁煙は何度でもチャレンジできます。大切な人の健康を守るために禁煙を!

関連ワード

お問い合わせ

福祉健康部 健康づくり課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目8番1号(浦添市保健相談センター内)
TEL:098-875-2100(健康対策係、健診係、予防係)
FAX:098-875-1579

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート