ガソリンの容器への詰め替え販売について

公開日 2019年07月29日

最終更新日 2019年07月29日

 令和元年7月18日、京都府京都市伏見区において死者35名、負傷者34名の極めて重大な人的被害を伴う爆発火災が発生しました。

 本火災の詳細については、管轄する消防本部等で、現在も調査中ですが、ガソリンをまいて火をつけたものとみられることから、「給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて」の通知文が消防庁から発出されました。

 

 給油取扱所の皆さまにおかれましては、ガソリンの容器への詰め替え販売をする際には、下記の取り組みにご協力お願いします。

⑴ 消防法令に適合した容器を用いて行うなど消防法令の遵守を徹底してください。

⑵ 購入者に対する身分証の確認や使用目的の問いかけをお願いします。

⑶ 販売記録の作成等をお願いします。

 (販売日時、販売量、購入者の住所・氏名、購入目的等)

 

 ◯販売記録用紙は下記よりダウンロードして、ご活用ください。

  販売記録用紙[XLSX:13KB]

<消防庁通知>

  給油取扱所におけるガソリンの容器への詰め替え販売に係る取扱いについて[PDF:186KB]

関連ワード

お問い合わせ

消防本部 消防本部予防課
住所:〒901-2102 沖縄県浦添市前田二丁目14番1号
TEL:098-878-3982:内線 5010
FAX:098-988-0403

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート