有害・危険ごみの分け方・缶出し方ついて

公開日 2019年09月11日

最終更新日 2019年11月28日

「有害・危険ごみ」と「もえないごみ」の収集は別々の収集車で行いますので、もえないごみの袋に「有害・危険ごみ」は入れないでください。

「有害・危険ごみ」とは、蛍光灯、乾電池、スプレー缶、ライター、水銀使用製品で種類ごとに透明の袋に入れて出してください。

※スプレー缶の中身が残っている場合は、すべて中身を使い切ってから透明の袋に入れて出すようご案内しておりましたが、ノズルの破損等でどうしても中身が取り出せない物については中身が残った状態でも収集できるようになりました。

中身が入ったスプレー缶を透明な袋に入れて出してくださるようお願い申し上げます。
 
 

お問い合わせ

市民部 環境保全課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁5階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 整備係(内線3211、3212、3217)、保全係(内線3215、3216、3218)、推進係(内線3221)、そ大ごみ受付(内線3213)
FAX:098-876-9467

記事へのアンケート