全国家計構造調査へのご協力をお願いします

公開日 2019年09月13日

最終更新日 2019年09月17日

全国家計構造調査

2019年全国家計構造調査

 総務省統計局では、都道府県や市区町村を通じて、「2019年全国家計構造調査」を実施します。調査へのご理解とご協力をお願いいたします。
 

調査の概要

 今回の「全国家計構造調査」は、令和元年10月から11月までの2か月間にかけて実施します。
 この調査は、統計法に基づく基幹統計調査で、国が実施する統計調査のうち特に重要な調査となっています。1959年以来5年ごとに実施されており、2019年調査は13回目に当たります。
 対象となったみなさまのご協力をお願いいたします。
 調査準備として、8月から調査員が対象地域のお宅を訪問して、世帯主の方の氏名などを聞き取りさせていただいております。
 「基本調査」の調査対象に選ばれた世帯の方には、9月中旬から調査員が再びお伺いし、調査にご協力いただくお願いをするとともに調査票などをお渡しします。
 「簡易調査」の調査対象に選ばれた世帯の方には、10月下旬から調査員が再びお伺いし、調査にご協力いただくお願いをするとともに調査票などをお渡しします。
 

調査の対象

 全国から無作為に選定した約90,000世帯が対象となります。
 浦添市では4地区、72世帯が調査対象となっています。
 

対象地域

 沢岻、宮城、屋富祖、当山
 それぞれの地域から選定した一部の世帯が対象となります。
 

回答の方法

 調査票の提出は、次のいずれかの方法で行うことができます。
  • インターネット回答
  • 調査員に提出
  • 郵送により提出(「簡易調査」のみ)
     

調査の内容​

 「家計簿」、「年収・貯蓄等調査票」並びに「世帯票」の3種類の調査票により、日々の家計の収入と支出、年間収入、預貯金などの金融資産、借入金、世帯構成、世帯員の就業・就学状況、現住居の状況(床面積、建築時期など)を調査します。
 この調査は、3種類すべての調査票に回答をお願いする「基本調査」と「年収・貯蓄等調査票」及び「世帯票」の2種類の調査票に回答をお願いする「簡易調査」で調査します。
 

調査員について

 本調査の調査員は沖縄県知事によって任命された地方公務員であり、顔写真付きの「調査員証」を必ず携行しております。
 統計調査を装った「かたり調査」には、ぜひご注意ください。
 不審に思われた場合は、調査員に対し「調査員証」の提示を求めるか、浦添市役所までお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。
 

個人情報の取扱について

 各調査票に記入された内容につきましては、統計法に定められている利用目的以外(税の資料など)には絶対に使用しません。また、調査員をはじめとする関係者には、統計法により調査で知ったことを他に漏らしてはいけない守秘義務が課せられておりますので、安心してご回答ください。
 

調査結果について

 調査結果につきましては、集計が完了したものから統計局のホームページ等により順次公表しますので、ご参照下さい。  

関連ワード

お問い合わせ

企画部 企画課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):企画係(2511〜2514、2521)、統計係(2515、2516)

記事へのアンケート