「愛知県蒲郡市(がまごおりし)」友好都市パネル展の開催

公開日 2019年10月16日

最終更新日 2019年10月17日

 浦添市は愛知県蒲郡市と昭和56年に友好都市提携を締結し、令和三年(2021年)11月4日に40周年を迎えます。
これまで両市は、産業・教育・文化・スポーツ・観光等あらゆる分野で市民同士の交流を重ねてきました。
この長年の友好関係を広く周知し、これから更なる友好の絆を深めることを目的にパネル展を実施いたします。

 1 期間:令和元年10月25日(金)から11月22(金)まで ※予定

 2 場所:浦添市役所1階ロビー

 3 同時企画:蒲郡市役所1階ロビーでは「浦添市のパネル展」を同時開催。浦添市の魅力を発信します。

 

☆彡浦添市の友好都市「蒲郡市(がまごおりし)」をご存知ですか?

 蒲郡市は愛知県にあり、本州のほぼ中心に位置しています。2つの大きな渥美半島と知多半島に囲われた海辺の観光地で、三河湾国定公園に指定されています。約47kmの海岸線沿いに4つの温泉地を持ち、市内には日本の文化を感じさせる神社や仏閣の多い、美しい土地です。海から山にかけ変化に富んだ景勝は、万葉の歌人や近代の作家にも愛され、数多くの文人が好んで訪れました。(蒲郡市ホームページより抜粋) 蒲郡市ホームページ

 

展示パネル展について

 以下、32点のパネルを展示します。

展示パネル一覧
No 画像 内容
1 春の蒲郡市の景色  国の天然記念物に指定される「竹島」は、年間300万人がおとずれる蒲郡のシンボルです。島内には5つの神社があり、県内屈指のパワースポットとなっています。
2 解禁を待つ人々  春を迎えると、市内各地で潮干狩りの解禁です。毎年大勢の人が訪れ、三河湾の恵みアサリを探し求めます。
3 蒲郡の街と三河湾  蒲郡市は、北は豊かな山、南は穏やかな三河湾に囲まれた自然あふれるまちです。起伏にとんだ地形は、四季折々の美しい景色を見せてくれます。
4 足湯から三河湾を望む  市内には4つの温泉郷があり、ほぼすべての温泉から三河湾を望むことができます。
5 奇跡の水族館  竹島水族館は閉館寸前から奇跡のV字回復を遂げ、数々のTVで取り上げられました。深海生物の展示やユニークな生物紹介が人気です。403号室は沖縄県の方でしょうか?
6 歴史あるホテル  市の花「つつじ」が咲く庭が美しいのは、蒲郡クラシックホテル。国際観光ホテル第1号に指定された歴史ある建物で、ドラマのロケに使われることも。
7 国際トライアスロン連合アジアカップ蒲郡大会  世界を代表するトライアスリートが蒲郡に集うトライアスロン大会。一般向けの蒲郡オレンジトライアスロンも開催されます。
8 むらさきの宝石たち  形原温泉あじさいの里では、5万株のアジサイが咲き乱れ、夜のライトアップでは120種を超えるアジサイと幻想的なホタルの舞が楽しめます。
9 降りかかる火の粉  愛知県東三河の伝統的な花火「手筒花火」です。自ら筒を抱え、火柱の中で仁王立ちする姿は豪快にして勇壮華麗です。
10 この木は何歳?  愛知県下最大のクスの巨樹は樹齢推定1000年以上、高さ22m、幹回り13.5mで、国の天然記念物に指定されています。クスは蒲郡市の市木です。
11 蒲郡版クールビズ  蒲郡市役所では、クールビズ期間中の火曜日を「かりゆしの日」として、かりゆしウェアの着用を推奨しています。
12 すぐに行けるリゾートアイランド  蒲郡市の沖合3kmに浮かぶ無人島が「三河大島」では、夏には海水浴を楽しむことができます。島の北東には天然記念物の「ナメクジウオ」が生息しているといわれています。
13 県下最大の観光スポット  ラグーナテンボスは年間300万人以上が訪れる県下最大の観光スポットです。遊園地・プール・お買い物・BBQ、楽しいことはなんでもここでそろいます。
14 蒲郡の夏といえばこれ!  7月の終わりの風物詩、蒲郡まつり納涼花火大会の目玉は正三尺玉です。太平洋岸最大級の花火を至近距離で楽しむことができます。
15 ヨットが浮かぶ海  蒲郡市には、ヨットハーバーがあり、ヨット・セーリングの地としても有名です。2018年には、日本初のセーリングワールドカップが蒲郡で開催されました。
16 おもわずゾッ  竹島水族館のナイトアクアリウム企画。深海に住むタカアシガニが仄暗い水槽の中にそびえ立つ姿は熱帯夜も冷えるような光景です。
17 女将のおもてなし  温泉旅館の女将で結成された「こはぜの会」が毎月実施する女将スイーツ。目にも美味しい四季のスイーツと女将のおもてなしで、優雅なひとときを楽しめます。
18 賑わう漁港  愛知県で唯一深海魚漁を行っているのが蒲郡の漁師たちです。市内各地の漁港での市場では、スーパーでは出会えない海産物に出会えることも。
19 天下の奇祭  三谷地区で300年以上続く伝統の祭りです。4台の山車(やま)が氏子に引かれ300mにわたって海を進む「海中渡御」が全国的に珍しく、天下の奇祭と言われています。
20 ご当地ナンバー  蒲郡市のご当地ナンバーには、市の花つつじと名産のみかん、そして蒲郡のシンボル竹島が描かれています。
21 水上の格闘技を目の前で  ボートレース蒲郡は広い水面が特徴で、多彩なレース展開を楽しむことができます。2014年にリニューアルオープンし、ファミリーやカップル・若い女性も来やすい施設になりました。
22 蒲郡みかんの選果  蒲郡は温暖な気候を生かした果樹栽培が盛んで、中でも地域ブランドにも指定されている「蒲郡みかん」は味がよく、手作業による検査と箱詰めが行われます。
23 ラグナマリーナの夜景  中部地区最大級のマリーナ「ラグナマリーナ」では、夏はマリンレジャーの拠点です。冬には係留されたヨットにイルミネーションが施され、クリスマスには多くの人でにぎわいます。
24 ありがたいお姿  三河湾に浮かぶ大島がお釈迦様の寝ている姿に見えることから、「寝釈迦」と呼ばれています。
25 〇を描いたところが治る?  無量寺は別名ガン封じ寺と呼ばれる平安時代の古刹。全国からガン封じの祈願に参拝者が訪れ、たくさんの絵馬が奉納されています。
26 縦縞の美しい伝統織物  三河地方は日本の棉の発祥地と言われており、特にこの地方の織物は「三河木綿」と呼ばれ徳川家康の天下統一に伴い全国に広まりました。市内では2か所で機織り体験ができます。
27 寒中駆ける  温暖な蒲郡ですが、冬には海風が強く吹きつけることがあります。そんななか、元気いっぱいのランナーが蒲郡のまちを駆け抜けます。
28 海と地の恵みに感謝  2月恒例の農林水産祭りの名物となりつつあるのが「蛇口からみかんジュース」。夢のようなシチュエーションに子どもから大人まで笑顔になります。
29 Welcome to GAMAGORI  三河港蒲郡地区では港の拡大事業を行ったため、大型クルーズ船の寄港が可能になりました。外国の乗船客を、市民総ぐるみでおもてなしします。
30 祈りを込めて  竹島の中にある八百富神社は、江ノ島・竹生島・厳島などとともに日本七弁財天のひとつとされており、開運・安産・縁結びにご利益があるといわれています。
31 俊成様に見守られて  蒲郡開拓の礎は藤原俊成と言われています。竹島を望む芝生広場は「俊成苑」を名付けられ、市民や観光客の憩いの場となっています。
32 俊成様に見守られて

 毎年、浦添市の団体を蒲郡市へ派遣し、そして蒲郡市の団体の受け入れを実施しています。

  ※写真は、「浦添市自治会長会」と「蒲郡市総代連合会」の交流の様子。(平成30年度)

 

 

関連ワード

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1258(広報広聴係、国際交流係)

記事へのアンケート