沖縄県内初!体感型防災アトラクションを開催します

公開日 2019年11月01日

最終更新日 2019年11月01日

沖縄県内初の体感型防災アトラクション「ライフライン2」を浦添市で開催します。

体感型防災アトラクションとは?

地震・津波・噴火・大雨…など、自然災害が多発する昨今、災害発生の瞬間には自分で身を守る「自助力」が必須であり、また地域や仲間と協力し合う「共助」が求められます。

この体感型 防災アトラクションでは、想定外の自然災害が発生、災害現場から脱出するまでに残された時間はわずか、という設定でスタートし、家族や仲間同士で協力しあい、様々なミッションをクリアしながら災害現場から無事脱出・安全確保を目指します。

災害時に必要な行動を身につけ、自助・共助の重要性を体感いただきます。


主催

  • 浦添市
  • セレブラム教育システム株式会社

後援

  • 独立行政法人国際協力機構沖縄センター(JICA沖縄)

協力

  • NPO法人日本防災士会沖縄県支部

案内チラシ

pdf1[PDF:4MB]

pic2

どんな人が参加できるの?

次の項目に同意いただける人はどなたでも無料で参加できます。

  • 小学校4年生以下の児童は保護者同伴の参加とします。
  • 参加人数によっては、別の参加者があなたのグループに組み込まれる場合があります。

参加費

無料

いつ開催するの? 定員は何名なの?

令和元年11月24日(日)の次の時間帯に行われます。

  • 1回目…13:00から14:30(12:40受付開始)…定員150名
  • 2回目…15:00から16:30(14:40受付開始)…定員150名

どこで開催するの?

独立行政法人国際協力機構沖縄センター(JICA沖縄)の体育館で開催されます。
沖縄県浦添市字前田1143(詳しくはこのページの下にある地図でも確認できます)

JICA沖縄とは?

JICA沖縄は、独立行政法人 国際協力機構(JICA:ジャイカ)が全国18ヶ所に設置している国内機関のひとつです。
JICA沖縄では、開発途上国の政府関係者などを対象にした各種分野の研修、沖縄からJICAボランティアの募集や派遣に関する事業、県民に対して異文化理解講座や交流事業などを行っています。

JICA沖縄の詳細はこちら※外部サイト(JICA沖縄)にリンクしています。

JICA沖縄で食事もできます。

JICA沖縄には世界の味を楽しめるOIC(おいしー)食堂があります。
イベント開催日はランチバイキングの日ですので、体感型防災アトラクションだけでなく、世界の食にも触れてみてください。

JICA沖縄のOIC(おいしー)食堂の詳細はこちら※外部サイト(JICA沖縄)にリンクしています。

参加するにはどうすればいいの?

令和元年11月1日(金)から11月15日(金)までにインターネット上から申し込んでください。
次のリンク先で必要事項を入力して、参加申し込みとなります。

参加申請はこちらから

参加申請後は連絡が来るの?

令和元年11月21日(木)までに(抽選の場合は抽選結果を)参加者に対しメールで詳細を連絡します。

注意

  • 申請毎に最大5名の1グループとして申請できますこのグループと行動することになります)。
  • 参加人数に上限を設けています(各回150名、計300名)。
  • 会場の駐車場には上限があります。混雑回避のためにも公共交通機関をご利用ください。
  • 申し込み多数の場合は抽選で参加者を決定します。
  • キャンセル等の受付は予定していません。参加できることを確認してから申請してください。
  • 本イベントに関する問い合わせは浦添市防災危機管理室にご連絡ください

地図

開催場所

お問い合わせ

総務部 防災危機管理室
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁3階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 2020、2021
FAX:098-879-0290

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート