ガソリンを携行缶で購入する際に本人確認が必要になります!

公開日 2020年01月14日

最終更新日 2020年01月14日

本人確認が必要になります。身分証の用意をお願いします。

         ガソリンスタンド 

 令和元年7月18日に発生した京都府京都市伏見区のアニメ制作会社での爆発火災は、多くの尊い命が失われま
した。この火災は、ガソリンをまいて火をつけたとみられることから、総務省消防庁では同じような事件・事故
の発生を防ぐため、ガソリンを容器へ詰め替えて販売する場合、購入者に対する身分証の確認や使用目的の問い
かけ等を要請しました。

 危険物の規制に関する規則の一部を改正する省令が令和元年12月20日に公布され、ガソリンの詰め替え販売に
おける本人確認等に関する事項について、令和2年2月1日から施行されることになりました。

 本人確認について

 原則として、公的機関が発行する写真付きの証明書が必要になります。
身分証
 (例)運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等         

使用目的の確認について

 「農業機械器具用の燃料」や「発電機用の燃料」等と具体的に申告する必要があります。
携行缶
※ ガソリンを容器に詰め替えて購入する際は、「ガソリン」の携行缶を使用してください。灯油等の携行缶
では、ガソリンを購入することはできません。

販売記録について

 原則として給油取扱所では詰替え販売を行った際は、次の事項を記録し、1年間保存します。
1 販売日
2 購入者の氏名、住所
3 本人確認の方法
4 使用目的
5 販売数量
  

本人確認等を拒否した場合

 ガソリンを販売することできない場合があります。本人確認へのご協力をお願いします。
 また、セルフスタンドで購入する際も、従業員が詰替え販売を実施しなければなりません。従業員へ依頼し
てください。

スタンド従業員

 

お問い合わせ

消防本部 消防本部予防課
住所:〒901-2102 沖縄県浦添市前田二丁目14番1号
TEL:098-878-3982:内線 5010
FAX:098-988-0403

記事へのアンケート