【6/22~7/24受付】牧港補給地区における土地の先行取得

公開日 2020年06月01日

最終更新日 2020年06月01日

 本市では、沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)を活用し、駐留軍用地跡地の有効かつ適切な利用を推進するため、牧港補給地区において、『土地の先行取得』を開始します。

 本市が実施する牧港補給地区における土地の先行取得は、以下の目的・面積・期間において実施し、買取対象は、牧港補給地区内で売却を希望する土地(※一部買い取り対象から除く土地あり)です。

 土地の先行取得制度や手続きの詳細については、土地の先行取得説明会資料をご覧ください。

土地の取得内容
目的 公園・緑地用地 前年までの実績
面積 約15.2ha 約 12.9ha 取得済
期間 平成28年度~令和3年度 目標面積に対する進捗率:約84%

  ※「申出受付期間」については、文書にて毎年地権者へ案内予定。

  ※買取対象から除く土地(国道58号拡幅予定地、港川道路予定地、海没地又は海没地と思われる土地)

市による土地の先行取得の申出受付は、毎年夏ごろを予定しています。

☆ 令和2年度申出(受付):6月22日(月)~ 7月24日(金)  

 

※ 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、市役所への来庁をお控えいただき、書類は郵送して頂きますようお願いいたします。

※ 令和2年度は、「土地買取り希望申出書」の申出(受付)のみ実施。 

※ 買取協議と売買契約については、令和3年度に実施いたします。

※ 地権者への案内文は、5月29日(金)発送 (令和2年度案内文[PDF:286KB])。

市へ売却を希望する場合、市へ「申出」をしてください。 申出様式[PDF:56KB]

 「申出」を受けて、市で買取の検討を行った後、地権者と市で買取の協議を行い、協議が成立すれば、買取手続きに進みます。
 検討の結果や、買取協議の結果によっては、買取を行えない場合もあります。

市へ売却を希望する場合

 

民間へ売却を希望する場合、市へ「届出」をしてください。届出様式[PDF:56KB]

 牧港補給地区内の200平方メートル以上の土地を売却しようとする場合、市への「届出」が義務化されます。
「届出」の提出を受けて、民間での土地売買に先立ち、市で土地を買取できないか検討し、地権者と協議を行います。市で買取する計画がない場合または、協議が不成立となった場合に、土地を民間に売却することができます。
跡地利用特措法第17条の規定に基づき、「届出」の後最大6週間は、土地の売却が制限されます。

民間へ売却を希望する場合

oobana 提出書類

  同封の返信用封筒にて、郵送してください。

   1.申請書(申出書 もしくは 届出書)※認印の押印忘れずに

   2.直近の「軍用地料支払い明細書」(写し)

※このほか、個別に追加書類の提出を求める場合があります。

お問合せ先
課名 企画課
電話番号 098-876-1234
内線番号 2530・2521
備考

以下に関することは、それぞれの窓口へお問い合わせください。

  • 特別控除に関すること : 沖縄国税事務所(資産課税課)
  • 所得税や相続税などの国税に関すること : お住まいの地域の税務署
  • 分筆登記などに関すること:  那覇地方法務局 宜野湾出張所

お問い合わせ

企画部 企画課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1257(企画係、統計係)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート