休館でも「歴史にふれる館」展示紹介!

公開日 2020年05月07日

最終更新日 2020年05月07日

浦添市歴史にふれる館だより(1)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在歴史にふれる館や市立図書館が臨時休館中で

展示を見ていただけない状況になっています。

そこで、閉館が解除になるまで、浦添市のHPで歴史にふれる館の収蔵展示や文化財について

紹介していきたいと思います。

 

三彩鳥形水注 鳥形水注参考図

(左)三彩鳥形水注  (右)亀井明德『日本貿易陶磁史の研究』より                

 

上の写真、左の緑色の破片は、中国の三彩という焼物です。

もとは右のような、鳥形の水注だったのではないかと考えられています。

当山東原(とうやまあがりばる)遺跡から見つかったもので、

これにより400~600年ほど前に、外国から貴重な陶磁器などの品物が

浦添に入ってきていたことがわかります。

 

このように発掘で見つかったモノを、行政用語で「埋蔵文化財」といいます。

埋蔵文化財と発掘の仕事については、添付ファイルをご覧ください。

 

文化財の有無の照会[PDF:529KB]

 

浦添市歴史にふれる館(現在臨時休館中・再開については浦添市のHPでお知らせいたします)

住  所:浦添市港川512-11 
休  館  日:土・日曜日、祝日、12/28~1
/5
電       話:098-874-9601

 

※浦添市歴史にふれる館では、歴史や民俗に関する資料がご覧になれます。

ぜひ足をお運びください。

http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2016070800011/

地図

浦添市歴史にふれる館地図

お問い合わせ

教育部 文化財課
住所:〒901-2103 沖縄県浦添市仲間一丁目1番2号 2階(史跡整備係・文化財係)、沖縄県浦添市仲間一丁目9番2号(美術館係)
TEL:098-876-1295(史跡整備係、文化財係)、098-879-3219(美術館係)
FAX:098-878-1487(史跡整備係・文化財係)、098-878-1221(美術館係)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート