☆南米からのおたより☆8月号【ペルー】

公開日 2020年08月21日

最終更新日 2020年08月21日

南米移住者子弟研修生受入事業で研修を終了した研修生からおたよりが届きました。
過去のバックナンバーはこちらから → ☆南米からのおたより☆バックナンバー

ペルーの歴史とお菓子

 

2019年度南米移住者子弟研修生
宮城 大城 エミリ 乃恵(ペルー)

 ハイタイ!2019年浦添市南米研修生の宮城大城エミリ乃恵です。

 皆さんは元気ですか?今回は、Covid-19から気をまぎらわすことができるように、別のことについて話したいと思います。

 7月28日は独立記念日を祝うため、7月はペルーでのお祝いの月です。

 民主的な国になる前は、ペルーは「タワンティンスーユ」としても知られるインカ帝国の一部でした。 インカ帝国は、ラテンアメリカ史の植民地時代以前の時代の中で最も広範で発展したものでした。 帝国は1438年に首都をクスコに設立して始まり、領土を拡大して、今日のアルゼンチン、ボリビア、チリ、コロンビア、エクアドルの地域にまで到達しました。 インカ帝国の統治下では、帝国は政治、行政、軍事の文明で構成されていましたが、それはスペインの征服で1533年に終わりました。

3

▲インカ帝国の領土
Territorio del imperio Inca

 

 スペインの征服者の到来とともに、「総督官僚」という新しい時代が始まりました。この時代には、政治的、宗教的、文化的、社会的に大きな変化がありました。スペインの影響力のある統治は長年続きましたが、独立宣言で1821年7月28日に終了しました。 ペルーはまだ共和国として認められていませんでしたが、独立宣言は現代のペルーの始まりでした。

 さて、皆さんは疑問に思っているかもしれませんが、なぜ私はペルーの歴史について紹介しているのでしょうか。その理由は、私のお気に入りのペルーのデザートの1つである「アルファホル」についてお話ししたいからです。アルファホルは2枚のクッキーの間に甘いフィリングをサンドしたものです。この甘い珍味はスペイン人と一緒にペルーに来ました。スペイン人がインカ帝国の領土全体を征服したので、アルファホルは南アメリカの多くの場所に広がりました。今日では、南アメリカのさまざまな国で見られますが、それぞれの国で調理方法に違いがあります。

1

▲ペルーのアルファホル
Alfajor peruano

 

 ペルーでは、アルファホルの生地はコーンスターチまたは小麦粉で作られ、フィリングはマンジャールブランコまたは蜂蜜キャラメルにすることが特徴です。ペルー、特にリマでの最も一般的な方法は、コーンスターチクッキーとマンジャールブランコを使用することですが、今日はコーンスターチと小麦粉を組み合わせたオリジナルのレシピをお教えします。ベーカリーの簡単なレッスンの準備はできていますか?

 

 必要な材料は

クッキー生地:

- 小麦粉
- コーンスターチ
- ベーキングパウダー
- 無塩バター
- 粉砂糖
- 牛乳

1カップ
2カップ
1小さじ
228 g
6大さじ
1 ½ 大さじ

フィリング(マンジャールブランコ):

- コンデンスミルク
- 蒸発乳

400g
400g

 

 作り方はとても簡単です。それでは始めましょう!

  1. クッキー生地の材料をすべてボウルに入れ、均一になるまで手で混ぜます。
  2. 生地をビニール袋に入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やします。

生地が冷やしている間に、フィリングを作ります。

  1. 中型から大型の鍋にコンデンスミルクと蒸発乳を入れます。
  2. 中火で、ミルクをへらで30〜45分間、またはミルクの色が濃くなるまで、鍋の底が見えるように混ぜ続けます。フィリングの色はライトベージュになります。牛乳に熱が加えられると、牛乳は泡立って上昇しますので、こぼれないように、深い鍋をお勧めします。
  3. 混ぜ終わったら、火を止めて別のボウルに入れ、冷まします。

2時間後、

  1. 生地を冷蔵庫から取り出し、麺棒で伸ばして厚さ3mmにします。
  2. クッキーカッター(丸型または花型)で生地を切り、金属製のトレイに置きます。
  3. オーブンを180°Cに予熱し、生地が金色になるまで、またはしっかりと固まるまでクッキーを焼きます。 褐色にしてはいけません!
  4. クッキーのサンドイッチを作ります!フィリングをクッキーに付けて、別のクッキーではさみます。最後に、粉砂糖をかけて出来上がりです!

2

▲ガチマヤーの時間
¡Hora de disfrutar!

 

 この記事を読むことで、皆さんが何か新しいことを学び、少し気をまぎらわすことができたことを願っています。自分でペルーのアルファホルを作ることをお勧めします!

 またお会いしましょう!気をつけて下さい!

 

【スペイン語】

Historia y dulces de Perú

 ¡Hola! Los saluda Emily Miyashiro Ohgusuku, exbecaria de Urasoe del 2019 ᴖ◡ᴖ

 Espero que todos se encuentren bien. ¿Les parece si hoy nos distraemos de las noticias del Covid-19 y hablamos de algo distinto?

 Julio es un mes festivo en el Perú, pues el día 28 celebramos el día de la independencia.

 Perú antes de ser una república democrática, fue el centro del imperio incaico. El tahuantinsuyo o imperio incaico fue el más extenso y desarrollado del periodo precolonial de Latinoamerica. El imperio nace en 1438 en Cusco y se extiende llegando a integrar parte de Argentina, Bolivia, Chile, Colombia y Ecuador. Esta fue governada por 5 incas y llega a su fin en 1533 con la conquista de los españoles.

 Con la llegada de los españoles, inicia un nuevo periodo en la historia del Perú llamada Virreynato. Este fue un periodo de mucho cambio: político, religioso, cultural y social. El liderazgo e influencia española duró por muchos años, hasta que finalmente un 28 de Julio en el año 1821 se declara la independencia del Perú.

 Seguro se estarán preguntando, ¿por qué nos cuenta sobre la historia del Perú? Y el motivo es porque quiero contarles un poco de la historia de uno de mis postres típicos peruanos favoritos: los alfajores, un postre que llegan junto con la conquista de los españoles. Son un dulce que los puedes encontrar en varias partes de Sudamérica, pero cada lugar tiene una forma particular de prepararlo. El alfajor se compone de dos cosas: galleta y relleno.

 En Perú tenemos dos tipos de galleta: de maicena o de harina, y el relleno puede ser o manjarblanco o miel. La forma más común de prepararlos es con galletas de maicena y relleno de manjarblanco... pero hoy voy a compartirles una receta original donde combinamos maicena y harina. ¿Están listos para una pequeña clase de repostería?

 

Los ingredientes que necesitaremos son:

Para la galleta:

- 1 taza de harina preparada
- 2 tazas de maicena
- 1 cucharadita de polvo de hornear
- 228 gr de mantequilla sin sal o margarina
- 6 cdas de azúcar en polvo
- 1 ½ cda de leche

Para el relleno:

- 400 gr de leche condensada
- 400 gr de leche entera

 

 ¡La preparación es simple! Comencemos.

  1. Poner todos los ingredientes para las galletas en un bowl y amasar con las manos hasta formar una masa uniforme.
  2. Ponerlo en una bolsa y refrigerarlo por mínimo dos horas.

Mientras la masa reposa en el frío, hacemos el manjar blanco.

  1. En una olla mediana o grande colocamos la leche condensada y la leche entera.
  2. A fuego medio, movemos con una espátula por aproximadamente 30 a 45 minutos o hasta que la mezcla espese y se pueda ver el fondo de la olla. La mezcla comenzará a levantarse con el calor así que es importante usar la olla mediana o grande para evitar que se rebalse.
  3. Ponerlo en un bowl aparte y dejar que se enfríe.

Tras las dos horas de reposo de la masa en el frío...

  1. Estirar la masa con un rodillo hasta que tenga 3mm de altura aproximadamente.
  2. Cortar con el cortador de galletas deseado (circular o de flor) y acomodarlos en una plancha de metal.
  3. Pre calentar el horno a 180ºC y hornear las galletas hasta que los bordes estén doraditos o hasta que sientas las galletas firmes al tacto. ¡No deben de dorar mucho!
  4. ¡Armar! Coloca un poco de manjar blanco en una galleta y coloca otra galleta para taparlo. Espolvorea azúcar en polvo y ¡disfruta!

 Espero que se hayan distraído un poco leyendo y ojalá se animen ha preparar sus propios alfajores peruanos.

 ¡Hasta la próxima! ¡Cuidense!


 

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1258(広報広聴係、国際交流係)

記事へのアンケート