令和元年度浦添市中学生平和交流事業 報告

公開日 2020年11月11日

最終更新日 2020年11月11日

「おきなわ国際協力・国際交流フェスティバル2020 ~SDGs 沖縄発みんなの取り組み~」で本記事を紹介します。

その他団体のSDGsの取り組みや活動もご覧いただけます。→こちらをクリック!※JICAフェス専用ページにつながります。

 

 

ピースメッセンジャー認定

 

 令和元年度も、浦添市立中学の生徒10名が平和交流団を結成し、県内外で平和学習をしたのち「浦添市ピースメッセンジャー」として認定されました。

 

 

事前研修

 

 浦添市・宜野湾市・南部の戦跡めぐりや沖縄市で開催されたピースフェスタなど、3回に渡る事前研修を通して沖縄戦について学びました。

 

チヂフチャーガマ

牧港のチヂフチャーガマ

 

京都の塔

京都の塔=沖縄の住民について触れられている(嘉数高地)

 

前田高地

ハクソーリッジ=前田高地

 

沖縄ピースフェスタ

おきなわピースフェスタ=他市町村の交流団と協力し沖縄戦について学習(沖縄市)

 

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔の前で、平和のメッセージ朗読と献花

 

轟の豪

すべての電気を消し暗闇を体験(轟の壕)

 

本研修(宮崎県日向市)

 

 7月31日から8月2日までの3日間、浦添国民学校(現・浦添小学校)の疎開先である日向市を訪れ、市内の戦跡巡りや戦争体験者の講話、地元の中学生との交流を通して疎開や大戦の実相を学びました。

 

正門

富高海軍航空隊旧正門=当時の赤レンガ門が、現在、富島中学校の門として残されている。

 

爆撃痕

「神風特別攻撃隊出撃之地」の碑と「爆撃痕」の前で学習(協和病院)

 

掩体壕

都市計画のために壊された掩体壕跡。戦跡を残す意味を考えさせられます。

 

愛汗学園

浦添の学童疎開の地「愛汗学園」。日向市の戦争体験者・甲斐さんに、案内してもらいました。

 

日向中学交流

日向中学の皆さんに沖縄戦について説明(うらおそい歴史ガイド友の会)

 

沖縄戦について

「平和な世界の実現のために私たちができること」

 

その後の活動

 

戦没者追悼式

浦添市戦没者追悼式で平和のメッセージを朗読

 

まなびフェスタ

研修報告会で、平和をつなぐために特に大切なことを発表しました。(まなびフェスタ)

 

壁新聞

壁新聞を作成し、浦添市立5中学校を巡回展示しました。

 

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1258(広報広聴係、国際交流係)

記事へのアンケート