☆南米からのおたより☆特別編 1月号【浦添市】

公開日 2021年01月04日

最終更新日 2021年01月04日

これまで南米移住者子弟研修生受入事業で研修を終了した研修生からのおたよりをお届けしてきたこのコーナー。
令和2年度は事業中止により研修生を迎えることができなかったため、令和3年は浦添市民と在南米浦添市人会の皆さんからの「おたより」特別編をお届けします!

過去のバックナンバーはこちらから → ☆南米からのおたより☆バックナンバー


今月号のふりがな付おたよりはこちら → 1月号_ふりがな有り[PDF:299KB]

ウチナーンチュの心

 

前 田  文 子
(2014,15,17,19年度「琉球舞踊」の研修を担当)

 

 南米研修生の琉球舞踊の研修を4回担当しましたが、研修生を迎えるたびに思い出すことがあります。

 私が小学生の頃、母方の親戚がボリビアへ移住していきました。さよならの時、同い年の従姉妹が、「お手紙書くからね」と言っていましたが、ひと月待っても届きませんでした。何年か経ってもお手紙は来ず、大人になっても連絡がないので、よほど遠いところに行ったんだなと諦めました。

 移住をしたばかりの頃は、皆さん大変な思いをされたという話を聞きますので、もしかしたらその親戚も苦労をしていたのかもしれないです。幼いころに別れたきりですが、今も心に残っています。

 

 皆さんの研修を受ける姿勢には、こちらが学ぶことがとても多く、いつも驚かされます。短い期間でできるだけ多くのことを習得しよう、持って帰ろうという意気込みは、私たち沖縄の人がかなわないほどです。

 研修の発表会を終え、達成感に包まれた研修生が抱き合うのを初めて見たときは、日本ではあまり無い光景なので驚きましたが、三線を弾くのが好きで、三線やエイサーの音を聞くとつい身体が動き出す研修生を見ると、私たちは同じウチナーンチュだな、つながっているんだなと感じます。

1
稽古を始めて1か月経った頃の研修生 (平成29年度研修生 左:ダイアナさん、右:いさむさん)
Interns after one month of rehearsal (2017; Left = Daiana; Right = Issamu)

 

 2014年度研修生の大城ブルーナさんとは、その後、野村流の研修会で同じ舞台に立ちました。本当に素晴らしい歌声だったのを覚えています。皆さんが、研修を終えたあとも沖縄の文化を継承するために、各国の市人会や個人の活動に励んでいることは嬉しいですし、とても素晴らしいことです。

 最近は、それぞれの市人会で工夫しながら交流や活動をしているそうですね。琉舞の教室も窓を開けて換気をし、気を付けながらお稽古を続けています。元旦に首里城で行われる「新春の宴」に向けて私自身の稽古も頑張っているところです。皆さんがこのおたよりを読む頃には本番を終えていると思いますが、とても楽しみです。

2
「新春の宴」に向けて、みどりさんと稽古中:『稲まづん』(豊作を祝う踊り)
Midori and I rehearsing Ini Majin (dance to celebrate good harvest) for the New Year’s Celebration

 

 2019年度研修生のカロリナさんとエミリさんが沖縄を離れるとき、お手紙をくれました。とても嬉しかったです。返事をしていないのが気がかりでしたので、この機会に「おたより」を届けられて良かったです。

 2020年は研修生がいませんでしたが、また皆さんをお迎えできるのを楽しみにしています。


本村みどり先生からコメントをもらいました

 

 研修生の皆さん、どなたも熱心で感心します。必死でくらいついてきてくれました。中には、追加でお稽古をさせてほしいとお願いにくる研修生もいましたね。琉球舞踊のような無形なものを伝えるのは難しいことですが、研修生の皆さんは「絶対習得する!」という意気込みが強く、のみ込みがとても早かったのを覚えています。

 最後の発表会も、堂々とこなしていて素晴らしかったです。琉舞以外にも書道や三線、生け花の研修や、日本語のお勉強などたくさん学ぶことがあったと思いますが、短い期間でよく頑張ったと思います。

 稽古後、かたことの英単語を使いながら皆さんとお話をする時間も楽しかったです。

3
鏡を見ながら何度も練習をしました (平成30年度研修生 左:ナタリアさん 右:エウヘニアさん)
Countless rehearsals done while looking at the mirror (2018; left = Natalia; right = Eugenia)

 

【英語】

The spirit of Uchinanchu

 

Fumiko Maeda
Ryukyu Buyo mentor for 2014, 2015, 2017, 2019

 

 For four years, I have mentored Ryukyu Buyo for the South American interns, and each year that I meet them, I recall a particular memory.

 When I was an elementary student, my mother’s relatives left for Bolivia. When we parted ways, my cousin who was the same age as me said, “I’ll send letters”, but a month passed and I had heard nothing from her. Since then, years passed without a single letter, and after growing up without hearing from her, I had come to terms with how far away she had gone.

 I hear how emigrants had faced many hardships upon arrival, and perhaps my relatives struggled as well. Even after all these years, I think of them fondly.

 

 Watching the interns as they study is always such a pleasant surprise. They remind me that I have so much more to learn. They put forth great effort to learning in their short time here and bringing back as much as possible to their home countries, showing an enthusiasm unmatched by any Okinawan.

 Seeing the interns hug one another after completing their program presentation was a sight quite unfamiliar in Japan, but I knew from watching them play the sanshin, from watching their bodies move naturally to the melodies of sanshin and eisa, that they are like us. We are Uchinanchu.

 

 I remember sharing the stage at the Nomura-ryu Performing Arts workshop with Bruna Oshiro, an intern from 2014, and her singing was absolutely lovely. She, and the other interns, are doing wonderfully in continuing their Okinawan heritage at each of their countries’ Shijinkai and in their own lives.

 I also hear that the Shijinkai are adjusting to the situation while continuing their activities. Our Ryubu classroom is continuing to practice carefully while keeping the windows open. Currently, I am also preparing for the New Year’s Celebration held at Shuri Castle on New Year’s Day. I’m sure that the event will have finished by the time you read this letter, but I am looking forward to the performance.

 

 When Karolina and Emily left Okinawa in 2019, they gave me a letter. I was so happy to receive one! I had been worried about not sending a reply, but I’m glad to have this chance to finally write back.

 Even though there were no interns for 2020, I’m looking forward to when I can meet them again.


Midori Motomura-sensei also has a few comments.

 

 I admire how passionate each and every one of the interns are. They all did their very best to keep up with rehearsals, and some even requested for additional mentoring. Teaching a performing art like Ryukyu Buyo is difficult, but the interns would exclaim confidently that they would make sure to learn it and caught on very quickly.

 Their final performances were all wonderfully conducted. In addition to Ryubu, they received mentoring in Shodo, Sanshin, and Ikebana while also studying Japanese. I’m proud of how much they were able to learn in such a short period of time.

 I also had fun talking to everyone after rehearsals using what little English I could.

 


 

お問い合わせ

企画部 国際交流課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1258(広報広聴係、国際交流係)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

記事へのアンケート