スケートボードが出来る場所について(平成30年10月26日受付)

公開日 2018年11月12日

最終更新日 2018年11月12日

ご意見

 昨今、浦添市でもスケートボードをする子供の人口が増えてきており、浦添市で唯一スケートボードが出来る場所として運動公園のスペースが確保されていますが、東京オリンピックにて正式種目となるスケートボード人口がさらに増加することが見込まれる中で、現況はとても小さなスペースだと思います。

 また運動公園だと市内の遠方からの利用も子供だけでは難しく、実情は近所の道路を利用して練習している状況です。

 各地域で要望があれば公園内の一部を舗装してスペースを確保するなど今後のスケートボード人口増加を見据えて検討して欲しいです。

 また新しくできるモノレール浦西駅の高架橋の下のスペースをスケートパークのような整備が可能ではないでしょうか。

 直射日光が強い真夏でも活用できるスペースをして屋外スポーツ(スケート以外も)の屋根を高架橋で代用する案は南風原の花・木・緑の大回廊公園は素晴らしいと思います。多くの市民の利用が期待できる内容と思いますので是非検討願います。

回 答

 スケートボード場については、教育委員会といたしましても、青少年の健全育成に欠かせない仲間との居場所であり、友情や連帯意識を育む大切な場所であると考えております。今後のスケートボード場の整備については現在具体的な計画はありませんが、利用者の方々が希望されているとのお話しは伺っております。本市のスポーツ振興及び市民ニーズに応える環境を拡充していけるよう、建設部門とも情報交換等を行っていきたいと思います。

 スケートボード場に関する貴重なご意見、誠にありがとうございました。

お問い合わせ

教育部 文化スポーツ振興課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁7階)
TEL:098-876-1223(スポーツ振興係、文化振興係)
FAX:098-879-7280