学童の待機児童への対応について

公開日 2019年01月07日

最終更新日 2019年01月07日

ご意見

次年度、港川小学校への入学予定の子がいます。

本日、学童の入所申込不可との通知が来ております。

先日、担当の職員にも話しをしてありますが、募集/入所は学童への丸投げ状態で取り扱いもまるでだめ。市からの募集関連の通知も保育園や保護者には確実には伝わっておらずめちゃくちゃな感じです。学童に電話したところ、選考の詳細については教えてもらえず、学童の保護者や役員で決めたとのこと。市からの選考の基準や指示は無いのでしょうか?

順番待ちについても全くわからないとのこと。これで良いのでしょうか?先日、担当の職員にも話をしましたが、浦添市自体が子供の世帯が増えているはずなので、保育園や学童の受け入れの施設のさらなる確保、現状改善が必要だと話したはずですが・・

私どもは父母とも公務員で高い保育料も請求され、年度途中での1.5倍増額も我慢してきましたが、あげくの果てはこれですか?どうなっているのですか?

他にも学童の受け入れで困っている方がいるかと思います。早急に救援の策を提示していただきたい。困ります。保育料、税金もさんざんとっておきながら、学童受けなしでは仕事もできません。どうすれば良いですか?すべて学童側に丸投げしている結果そうなったのですか?それが正しいやり方なのでしょうか?保育行政のミスですか?新入学児童の数も前もってわかっているはず。信じられない。何も考えていない。

きっちりとした説明をして頂きたいと思います。

 

回答

 日ごろから福祉行政にご協力頂きありがとうございます。

 お子様の小学校入学を控え、学童の入所が決まらない状況で、保護者にとっては切実な問題であると重く受け止めております。

 浦添市内の学童クラブは、法人や個人運営もございますが、その多くは父母会が自主的に運営している学童クラブです。そのため、入所の選定方も含めて、運営内容等については各学童クラブで定められております。

 本市としても、放課後の子どもたちの安全な生活を守る学童クラブの必要性は十分認識しており、放課後児童健全育成事業として基準を満たす学童クラブに対しては、補助金を交付し支援を行っているところです。

 また、学童クラブの拡充が必要とされる地域におきましては、市内学童クラブで構成される浦添市学童保育連絡協議会と協議を重ねながら、学童クラブの分離や新設を促進するとともに、学校内等の公的施設の整備も併せて進めているところです。

 港川地域におきましても、平成30年4月より小学校敷地内に2か所の学童クラブを整備したところですが、学童クラブ入所を希望する全てのお子様を受け入れるにはまだ足りない状況です。

 このことについては、関係機関と協議、連携を図りながら、少しでも多くの子どもたちの受け入れができないか、待機児童の解決策について色々と模索しているところです。対応策が決まり次第、学童クラブを通して、また市ホームページ等におきまして周知を図っていく予定でおります。

 まだお子様の学童が決まらずご不安でしょうが、今後も子どもたちが放課後安全で健やかに活動できる場所の確保、保護者が安心して就労できる環境づくり、学童クラブの充実に取り組んでまいりますので、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 貴重なご意見、誠にありがとうございました。

お問い合わせ

こども未来部 こども政策課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁2階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 政策係:内線3642~3644、わんぱく係:内線3645~3647