米軍機の騒音について(平成31年1月21日受付)

公開日 2019年01月28日

最終更新日 2019年01月28日

ご意見

 浦添市上空のオスプレイの飛行が15時台だけで6回(15:07/15:2315:3515:4215:5215:59)ありました。あまりにも頻度が多いのではないですか?バタバタと頭に響く音が耳障りです。国税も住民税も滞りなく納めているのに何故毎日騒音に我慢しなければいけないのでしょうか。自治体には住民の平穏な環境を守る義務があると考えます。

 

回答

 普天間飛行場に隣接する本市では、日常的に航空機騒音が発生し、市民生活に大きな影響を与えております。そこで、本市では、平成24年度市内3箇所に航空機騒音測定器を設置し、騒音被害の実態把握に努めております。

今回ご意見をいただいた日(1/16)の測定記録を確認したところ、ご指摘のとおり、15時台だけで6回の騒音を確認しております。

また、同日(1/16)の11時台には、市役所からも普天間飛行場向けに飛行する航空機を目視確認しております。

市民等から受けた苦情は、測定データ(速報値)を用いて、沖縄防衛局を通して米軍の運用改善を求めており、また、基地を抱える自治体等で構成される「沖縄県軍用地転用促進・基地問題協議会」においても、航空機騒音規制措置を厳格に運用すること等の要請を毎年関係機関へ行っております。

引き続き、同じ課題を抱える県や関係市町村と連携し、改善を求めていきたいと考えております。貴重なご意見ありがとうございます。

関連ワード

お問い合わせ

企画部 企画課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)
TEL:098-876-1234(代表):企画係(2511〜2514、2521)、統計係(2515、2516)