問い合わせ(平成31年3月1日受付)

公開日 2019年03月11日

最終更新日 2019年03月11日

問い合わせ

松本市長へ

「OKINAWAステイ計画」は得策でしたか?

移住された保育士さんは、浦添市の子ども達のために皆さん頑張っておられますか?予定通りの年数を全うしてくれるのでしょうか?

この政策を知ったときは、何故あえて県外なのだろうか疑問に思いました。

県内の保育士を目指している方の力になるよりも、県外から移住してもらう方が良い面というのは何だったのか、一年経過しての現状も踏まえて教えて頂きたいです。

最後に、今後も継続して取り組むべき意味のある政策なのでしょうか?

 

回答

 この度は、本市の施策へご関心を寄せていただき、ありがとうございます。

 県外から保育士を募集及び採用した「OKINAWAステイ計画」につきましては、昨年度、公立保育所において保育士不足で児童を受け入れできない状況をきっかけに実施してまいりました。

 県外からの募集の経緯といたしましては、近隣市町村含め県内全域での保育士不足の状況があり、保育士の奪い合いになる恐れがある中で、待機児童解消を優先事項として実施した次第でございます。

 その結果、昨年度と比べ70人近い児童を多く受け入れられたことは、待機児童解消に大きく効果があったものと感じております。

 そして、対象の保育士には3年間は勤務してもらうことを了承のうえ、勤務していただいております。また、1年を経過して仕事にも慣れ、今後の保育に対する意欲も伺っております。市といたしましても、毎年保育士の確保に苦慮する中、保育士を一定数確保できることは、待機児童解消のため安定した児童の受け入れができることで、意義のあることだと考えております。

 しかし、当初よりこの政策は一回きりの緊急避難的事業として説明を行い、議会の承認を受け実施されておりますので、今後の継続は予定されておりません。

 今後も、保育士の意向を汲みつつ、引き続き浦添市へ貢献いただくことを期待しているところでございます。

 この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。

お問い合わせ

こども未来部 保育課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁2階)
TEL:098-876-1234(代表):内線 認可保育所に関すること(3622、3627、3629) 認可外保育施設に関すること(3623) ファミサポ、つどい、支援センターに関すること(3628) その他(3621)
FAX:098-879-7190