屋富祖通りの改修箇所が危険なので改善を図ってほしい。

公開日 2019年03月18日

最終更新日 2019年03月18日

ご意見

  58号線の拡張に伴う県道や市道からのアクセス方法が変更されましたが屋富祖通り(県道38線)の改修方法は歩行者を無視した工事で納得できません。
   58号線と交差する屋富祖通りは、従来の2車線から1車線増えて3車線になりましたが道路の幅員は従来のままで歩道を削減し車道を増やしている、

とんでもない工事であります。城間通りが右折禁止なった影響もあり、屋富祖通りに車が押し寄せております。このままサンエーパルコの営業開始を

迎えると屋富祖通りの歩行は、ますます危険を伴うものになることが予想されます。生活道路は先ず、しっかりした歩道の整備が行えるように交通アクセス

含めて整備を進めるべきと思います。浦添市民の生活を守る立場から改善が図られるようお願いします。
※問題点、要望事項の詳細は、早い段階から都市計画課に説明しております。

回答

 本市の都市計画および道路行政に貴重なご意見をいただきありがとうございます。
 屋富祖通り(県道38号線)の改修については、牧港補給地区のゲート位置の変更に伴い沖縄防衛局において改良を行ったものと伺っております。
 屋富祖通りの歩行者の安全性については、本市としても課題であると考えておりますので、道路管理者である中部土木事務所に対し、安全性の

確保について要望してまいります。

お問い合わせ

都市建設部 都市計画課
住所:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁6階)
TEL:(直通)098-876-1244(代表)098-876-1234